コンセプトは「エビデンス&サスティナブル」 循環型資源を活用!マツモトキヨシの人気PB商品「アルジェラン」スキンケアシリーズがパワーアップリニューアル

PR TIMES / 2020年7月17日 13時40分

2020年9月11日より、全国のマツモトキヨシグループ(一部店舗を除く)で8アイテムを新発売

「1st for you. あなたにとっての、いちばんへ。」をグループ経営理念に掲げ、全国にドラッグストアを広くチェーン展開する株式会社マツモトキヨシホールディングス(千葉県松戸市:代表取締役社長 松本清雄)は、発売以来好評をいただいてまいりましたオーガニックコスメブランド「ARGELAN(アルジェラン)」のスキンケアシリーズを、さらに環境に配慮した商品へとリニューアルし、2020年9月11日(金)より全国のマツモトキヨシグループ(一部店舗を除く)で8アイテムを発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-412655-0.jpg ]

[ ブランド リニューアルの背景 ]
『オーガニックを日常に』をコンセプトとして、2012年に誕生したアルジェラン。ヘアケア、ボディケア、スキンケア、リップなど、人と地球に優しいオーガニック植物原料を使用している製品でありながら、お手頃な価格帯が人気を博しており、2019年のマツモトキヨシ内オーガニック商材販売実績では1位になりました。

近年、サスティナブル志向が高まり、マイクロプラスチックフリーなど、環境配慮型商品への消費者ニーズも高まっています。そうした社会背景をもとに、容器や資材にこだわり、国産植物原料を積極的に採用した、スキンケアシリーズにリニューアルし、2020年9月より、販売を開始します。

旧来のデイリーオーガニックから、植物の力を独自の測定基準に基づき分析。確かなデータ(エビデンス)を取得した植物を使用することにこだわり抜いた「エビデンス&サスティナブルオーガニックコスメ」へと大きく生まれ変わります。

[ スキンケア コンセプト ]
[画像2: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-406471-1.jpg ]

有用植物と精油。
巡れ、肌へ

生き生きとみえる肌には、うるおいとハリがあります。

そんな理想の肌を目指すべく、
数多くの植物から独自の測定データに基づいて、
5種の有用植物を選出。

お手入れする数分間をリラックスタイムへ、
美しさを生み出す100%精油の香り。

渾身のスキンケアシリーズが誕生しました。

[ 商品特徴 ]
– 新スキンケアシリーズの3つの特徴 –

1.独自に選定した植物複合成分「フィトフォースコンプレックス」を採用
植物エキスやオイルの魅力は、それぞれが、ひとつだけではなくさまざまな力を備えていることです。“巡り”というキーワードで41種の植物を分析、絞り込んだウンシュウミカン果皮エキスやパッションフルーツ種子油など5種の植物を「フィトフォースコンプレックス」と命名。アイテムに合わせて、最適な比率で配合しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-805600-2.jpg ]

ウンシュウミカン果皮エキス

[画像4: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-708457-3.jpg ]

パッションフルーツ種子油(クダモノトケイソウ種子油)

[画像5: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-577872-4.jpg ]

ダルスエキス

[画像6: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-469927-5.jpg ]

バオバブ種子油

[画像7: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-288933-6.jpg ]

アシタバ葉/茎エキス ※すべて保湿・ハリ肌成分

2.100%精油調香。リラックスする香り
お手入れを行う数分の間に気分をリラックスさせる精油ブレンドを開発しました。ベースとなるのは、クラリセージ、ネロリ、フランキンセンスの精油。クレンジング&洗顔、化粧水、保湿アイテムというカテゴリーごとに、異なる香りが楽しめます。

3.ナチュラル成分95%以上、オーガニック原料20%以上
新スキンケア製品の多くは、世界最大のオーガニック認証機関である「エコサートグリーンライフ」のコスモスオーガニック認証を取得※しています。また、認証製品以外でもオーガニック認証原料を積極的に採用していきます。※メイク落とし、洗顔料は除く

[画像8: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-557905-7.jpg ]

– リニューアルポイント –


[表: https://prtimes.jp/data/corp/21903/table/78_1.jpg ]

※1 年齢に応じたお手入れのこと ※2 メイク落とし、洗顔料は除く

旧品
[画像9: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-489411-8.jpg ]



リニューアル品
[画像10: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-402046-9.jpg ]


[ 製品詳細 ]
[画像11: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-119397-10.jpg ]

100%植物由来オイルを使用。
古い角質や酸化皮脂もさっぱり落とすクレンジングオイル

●ウンシュウミカン果皮エキスを中心とした「フィトフォースコンプレックス※1」を配合。
ツヤのある肌へ洗い上げます。
●コメヌカ油を中心とした美容植物オイルがうるおいを守りながら、毛穴の奥の皮脂や汚れも浮かせて落とします。
●一般的なまつげエクステにも対応※2。

アルジェラン オーガニック 艶肌クレンジングオイル
容量/価格:150mL/1,200円(税抜)
発売予定日:2020年9月11日(金)
発売予定エリア:マツモトキヨシグループ全店(一部店舗を除く)と自社オンラインストア


[画像12: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-246510-11.jpg ]

植物オイルがゴワつき感をほぐしながら
しっとりと洗い上げるクレンジングミルク

●ウンシュウミカン果皮エキスを中心とした「フィトフォースコンプレックス※1」を配合。
柔らかな肌へ洗い上げます。
●ビタミンCを豊富に含有するマシュマロウエキス※3が、乾燥した角質層へうるおいを与え、柔らかな肌へみちびきます。

アルジェラン オーガニック 柔肌クレンジングミルク
容量/価格:150g/1,100円(税抜)
発売予定日:2020年9月11日(金)
発売予定エリア:マツモトキヨシグループ全店(一部店舗を除く)と自社オンラインストア


[画像13: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-549341-12.jpg ]

100%植物由来の吸着泡が、
毛穴の汚れや古い角質も落とす洗顔フォーム

●ウンシュウミカン果皮エキスを中心とした「フィトフォースコンプレックス※1」を配合。
明るくなめらかな肌へ洗い上げます。
●クプアスバター※4と保湿力の高いハチミツで作る弾力泡が肌を優しく包み込みます。

アルジェラン オーガニック 透肌フェイスウォッシュ
容量/価格:130g/1,000円(税抜)
発売予定日:2020年9月11日(金)
発売予定エリア:マツモトキヨシグループ全店(一部店舗を除く)と自社オンラインストア


[画像14: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-545647-13.jpg ]

保湿力に定評のある植物エキスを配合。
ハリ感あふれる化粧水

●ウンシュウミカン果皮エキスを中心とした「フィトフォースコンプレックスA※5」を配合。
角質層のすみずみまでうるおいを巡らせ、ハリ感あふれる肌へ。
●多糖類やリン脂質などを含む、マイクロアルゲエキス※6を配合。
乾燥肌にうるおいを補給します。

アルジェラン オーガニック認証 整肌化粧水
容量/価格:180mL/1,500円(税抜)
発売予定日:2020年9月11日(金)
発売予定エリア:マツモトキヨシグループ全店(一部店舗を除く)と自社オンラインストア

[画像15: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-557905-7.jpg ]

[画像16: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-503286-14.jpg ]

贅沢なうるおいを与える植物エキスを配合。
美容液のような高保水化粧水

●ウンシュウミカン果皮エキスを中心とした「フィトフォースコンプレックスA※5」と併せてザクロ果実エキスを配合。角質層のすみずみまで浸透し、うるおう肌へ。
●アルファルファエキスが弾むようなハリ感ある肌へみちびきます。

アルジェラン オーガニック認証 高保水化粧水
容量/価格:180mL/1,500円(税抜)
発売予定日:2020年9月11日(金)
発売予定エリア:マツモトキヨシグループ全店(一部店舗を除く)と自社オンラインストア
[画像17: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-557905-7.jpg ]

[画像18: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-708393-15.jpg ]

ゴワつき感がある肌を柔らかに。
パッションフルーツ種子油の恵みを込めたうるおい導入オイル

●パッションフルーツ種子油をシリーズ最高濃度に配合した「フィトフォースコンプレックスL※7」を配合。艶やかでうるおいに満ちた、柔らかな肌へ。
●セラミドなどの脂質を多く含み、肌なじみのいいカラスムギ穀粒油をシリーズ最高濃度に配合。肌になじみ、うるおいの浸透※8をサポートします。

アルジェラン オーガニック認証 セラムオイル
容量/価格:30mL/1,980円(税抜)
発売予定日:2020年9月11日(金)
発売予定エリア:マツモトキヨシグループ全店(一部店舗を除く)と自社オンラインストア
[画像19: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-557905-7.jpg ]

[画像20: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-217349-16.jpg ]

角質層の巡りバランス※9を整え、
柔らかなうるおいバリアで包み込む乳液

●ウンシュウミカン果皮エキスを中心とした「フィトフォースコンプレックス※1」を配合。
肌表面を柔軟バリアで包み、ツヤやかな肌へ。
●ユキノシタエキスが肌にうるおいと柔軟性を与えて揺らぎにくい肌へみちびきます。

アルジェラン オーガニック認証 モイストバリア乳液
容量/価格:120mL/1,500円(税抜)
発売予定日:2020年9月11日(金)
発売予定エリア:マツモトキヨシグループ全店(一部店舗を除く)と自社オンラインストア
[画像21: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-557905-7.jpg ]

[画像22: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-699065-17.jpg ]

植物オイルの濃厚ヴェールでハリ感を。
日中の乾燥ダメージも防ぐ保護クリーム

●ウンシュウミカン果皮エキスを中心とした「フィトフォースコンプレックス※1」を配合。
ハリ感をあたえ、弾むような透明感ある柔らかな肌へ。
●バオバブ種子油とシアバター※10が肌を密着保湿、うるおいを閉じ込めます。

アルジェラン オーガニック認証 保護クリーム
容量/価格:50g/1,700円(税抜)
発売予定日:2020年9月11日(金)
発売予定エリア:マツモトキヨシグループ全店(一部店舗を除く)と自社オンラインストア
[画像23: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-557905-7.jpg ]

※1 クダモノトケイソウ種子油、バオバブ種子油、ウンシュウミカン果皮エキス、アシタバ葉/茎エキス、ダルスエキス(保湿・ハリ肌成分)
※2 一般的なグルー(シアノアクリレート系)をご利用の場合にお使いいただけます。
※3 アルテア根エキス(皮膚コンディショニング成分)
※4 テオブロマグランジフロルム種子脂 (保湿・ハリ肌成分)
※5 ウンシュウミカン果皮エキス、アシタバ葉/茎エキス、ダルスエキス(保湿・ハリ肌成分)
※6 加水分解紅藻エキス(保湿・ハリ肌成分)
※7 クダモノトケイソウ種子油、バオバブ種子油(保湿・ハリ肌成分)
※8 角質層まで
※9 角質層のうるおいが整うこと
※10 シア脂(皮膚コンディショニング成分)

[ サスティナビリティ ]
原料、資材、製造方法など、すべてにおいて人や環境に配慮した健全なものづくりを行うことで、地球環境の未来を守る一助となりたい。アルジェランは、サスティナブルなオーガニックコスメブランドへと進化します。

– 持続可能な世界のために。ARGELANの取り組み –
副産物を利用
以下の果物由来のエキスやオイルは、ジュース製造後に捨てられていた素材から抽出したものを採用。
● パッションフルーツ種子油
● ウンシュウミカン果皮エキス

環境負荷を低減した製法の原料を採用
清浄な海水と光を利用し、環境負荷を低減した「光バイオリアクター製法」で植物素材から高品質に抽出されたエキスを採用。
● マイクロアルゲエキス
● ジャニアルベンスエキス

地球環境への貢献
環境保全型の栽培方法や住民の雇用などが叶う原料を積極的に採用。
● パッションフルーツ種子油
● ウチワサボテンエキス

トレーサビリティの明確化
産地が明らかな植物原料を使用することはもちろん、生産地の土壌や栽培方法、成分の抽出法、流通など、それぞれの段階の追跡が可能な原料を積極的に採用。
●パッションフルーツ種子油
●ウチワサボテンエキス●シアバター など

バイオマス容器
の積極的な採用容器には、植物を原料とした「バイオマスプラスチック」を積極的に使用。バイオマス容器は、焼却で排出されるCO2は植物が成長過程で吸収したCO2を大気中に戻すという”カーボンニュートラル”の考え方で、CO2量の実質の増加にはつながらず、地球温暖化に配慮した容器であるといえます。
[画像24: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-349767-18.png ]

環境対応型インキの採用
印刷のインキに使用される石油系溶剤は環境や人体に悪影響を与える可能性があります。アルジェランでは、脱石油系溶剤を目指し、揮発性有機化合物を1%未満に抑えた環境対応型インキである「ノンVOCインキ」をスキンケア製品の化粧箱に採用しています。
[画像25: https://prtimes.jp/i/21903/78/resize/d21903-78-718259-19.jpg ]


■会社概要
会社名:株式会社マツモトキヨシホールディングス
創業年月日:1932年(昭和7年)12月26日 代表取締役社長 松本清雄
企業ホームページ  http://www.matsumotokiyoshi-hd.co.jp/

■上記概要含め詳細は下記URLよりダウンロードくださいませ。
https://prtimes.jp/a/?f=d21903-20200716-9726.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング