2013年度の暫定決算報告 著しい成長を達成:ボッシュ・グループの売上高と業績が好調に推移

PR TIMES / 2014年1月24日 9時17分

人々の生活に関与する要素のネットワーク化に寄与する新規市場セグメントを開拓

・ボッシュのデナーCEO:「ボッシュの技術面での幅広い専門知識と各種産業セクターにおける確かなプレゼンスは、コネクテッド・ワールドにおいて大きなアドバンテージとなる」
・売上高は2.7 %増の464億ユーロを計上
・EBIT(支払い金利前税前利益)は約6%を達成(ソーラー・エネルギー事業関連のマイナスを考慮しない場合)



シュトゥットガルト - ボッシュ・グループは、景況が厳しく推移する中でも、2013年の売上高は2.7%増の464億ユーロを達成したと、暫定決算を発表しました(調整済み前年度売上高:452億ユーロ)。また、為替のマイナス影響は約15億ユーロに達し、ユーロ高が売上高にとって大きな負担となったことも明かしました。収益は抜本的に改善しているものの、2013年も依然として厳しい状況にあったソーラー・エネルギー事業部の影響からは抜け出せず、2013年初めにボッシュはソーラー・エネルギー事業から本格的に撤退することを発表しています。

収益の推移
ソーラー・エネルギー事業関連の多額の負債を考慮しない場合、暫定決算上では、ボッシュ・グループのEBIT(支払い金利前税前利益)は約6%に達しており、これは前年比1%増となる数字です。

*注意:会計規則の変更により、ボッシュでは今後、折半出資の合弁会社が決算に含まれないことになりました。これに関係するのは主に、連結売上高が約70億ユーロに達するBosch Siemens Hausgerate GmbHとZF Lenksysteme GmbHです。この変更に伴い、売上高、業績、従業員数に関する現在のデータの一部は、すでに発表済みの2012年のデータと比較することができません。約13億ユーロに達するソーラー・エネルギー事業関連の多額の負債を考慮した場合、EBITは3%となります。ロバート・ボッシュGmbH取締役会会長のフォルクマル・デナーはこう述べます。「利益率を改善するために講じられた多くの措置が明らかな効果をもたらしており、実際、私たちが予想した以上に業績は上向きに推移しています」。ボッシュは2014年も引き続き、競争力と未来に対応できる力を引き上げるために尽力していきます。「私たちはこれまでに著しい成長を遂げてきました。今後も引き続き、俊敏性と利益性の向上、そしてさらなる成長を目指して邁進していきます」とデナーは売上成長と利益の目標について話しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング