フリースケール、自動車ボディネットワーク・エレクトロニクスを効率化し、 車体重量の削減を実現する新しいマイクロコントローラを発表

PR TIMES / 2013年3月26日 11時15分



フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、自動車ボディネットワーク向けにQorivva(コリーヴァ)/S12 MagniV(エス12・マグニヴィ)マイクロコントローラ・ポートフォリオを拡充することを発表しました。現在の自動車産業は劇的な変動期を迎えており、高帯域幅ネットワークの実現、データ・セキュリティの向上、機能安全の実装、全体的なエネルギー消費の削減など、複雑な課題に対処することが求められています。今回の拡充は、このような課題に対処しつつ、自動車ボディ・アプリケーションに新次元の統合性と機能性をもたらすものです。

自動車内の電子制御ユニット(ECU)数が増えるにつれ、必要とされるコネクティビティの規模も増大します。現在の平均的な自動車には、車載ネットワーク向けに総計で長さ数キロ、重さ150ポンド(68キロ)以上の銅線が組み込まれています。自動車のメインECUに機能を統合し、サテライト・ノード(ドアや電気モータのモジュール)のインテリジェンスを高めることで、必要とされるECUの数や銅線の量を減らすことが可能になり、それに応じて、車載配線ハーネスの重量が削減され、自動車の燃費が改善されます。

現在は、グリーンな車に対する需要に加え、車載ボディ・モジュールの機能安全規格「ISO 26262」への準拠を求める声も強まっています。外部照明やワイパーなど、自動車ボディネットワークによって実現する機能が極めて重要な役割を持つためです。また、車載ワイヤレス通信が普及する中、車載マイクロコントローラ内のセキュリティ対策を求めるニーズも拡大しており、マイクロコントローラに格納される知的財産(IP)を保護しつつ、車載ネットワークに対する不正なアクセスを防ぐことが必要とされています。

フリースケールの新しいマイクロコントローラ「Qorivva MPC5748G」と「S12 MagniV S12ZVL/S12ZVC」は相補的な技術で、Qorivvaセントラル・コントローラは、集中型のデータ・セキュリティ、インテリジェントな電力管理、機能安全のためのASILサポートを実現とするネットワーク・ゲートキーパーとして機能し、S12 MagniVサテライト・ノードは、電源や通信トランシーバを統合型のミックスド・シグナル・マイクロコントローラに組み込んでいます。最新デバイスがもたらす究極の統合性により、車載ネットワーク設計が簡素化され、重量の削減、製造効率の改善、最大30%のボード・サイズ削減が実現します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング