ad:tech tokyoの公式スピーカー募集開始に合わせ「充実したトークセッションのためのモデレーター講座」を3月25日(水)16:00~16:30にてライブ配信

PR TIMES / 2020年3月18日 18時55分

聴講者アンケート上位セッションを担当したモデレーターたちが、それぞれの経験に裏打ちされた”有用なセッションを作り上げるためのノウハウ”について語ります。

マーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施しているComexposium Japan(コムエクスポジアム・ジャパン)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:古市優子)は、12回目を迎える来場者1万4000人超のアジア最大級のマーケティング国際カンファレンス「ad:tech tokyo(10月29日~30日 於:東京国際フォーラム)」に登壇する公式スピーカーの募集開始に合わせ、セッションを取り仕切るモデレーター向けの講座「ad:tech tokyo人気セッションのモデレーターが語る『良いセッションの作り方』」を3月25日(水)16:00~16:30にライブ配信いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/13647/89/resize/d13647-89-267499-1.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/13647/89/resize/d13647-89-939369-2.jpg ]



ad:tech tokyoでは、有料のカンファレンスパスで聴講する来場者に、約60あるセッションのうちどれが役立ったのかについてアンケートを毎回実施しています。今回、そのアンケートで上位にランクインした公式セッションのモデレーター4名に、聴講者に新たな視座・今後のヒントといった価値を提供し、登壇者自身も新たな発見につながるような魅力あるセッションを作り上げるためには何が必要なのかについて聞いていきます。このライブ配信は、どなたでも視聴いただけるように一般公開いたします。アクセス方法については下記の「概要」をご確認ください。


ad:tech tokyo ライブ配信 開催概要

テーマ:ad:tech tokyo人気セッションのモデレーターが語る「良いセッションの作り方」
サマリー:
ビジネスカンファレンスのメインコンテンツの一つである「トークセッション」は、特定のテーマについて様々な立場の人たちが意見を述べたり質問を重ねることで、課題の解決や目標達成に向けた視座を、聴講者と共有することができるのが大きな魅力です。その際に重要なのが「モデレーター」です。テーマについて自ら深い理解をしつつ、スピーカーからどう聴衆の学びとなる要素を引き出すのか?
ここでは、ad:tech tokyoのアンケートで上位となったセッションを担当したモデレーターたちが、「有用なセッションにするためにモデレーターが行うべきこと」について語ります。事前準備~当日の留意点はもちろん、「スピーカーにも新たな学び・発見があった」と感じてもらうには? 事後の振り返りの重要性は? など、それぞれの経験に裏打ちされたモデレーションのポイントが学べます。

日 時:2020年3月25日(水)16:00~16:30
視聴方法:YouTubeで視聴いただけます。下記URLにアクセスください。
https://youtu.be/UfkM_tDy-Gg
主催:Comexposium Japan(コムエクスポジアム・ジャパン)株式会社

ad:tech tokyo 公式スピーカー募集について

応募締切:2020年4月10日(金)18:00
http://www.adtech-tokyo.com/ja/speaker/speakers_corner.html

登壇者プロフィール

井上 大輔
ヤフー株式会社 マーケティングソリューションズ統括本部 マーケティング本部長
アウディ・ジャパン、ユニリーバ、ニュージーランド航空などでデジタル&マスマーケティングのマネージャーを歴任。週刊東洋経済にて「マーケティング神話の崩壊」、Advertimesにて「マーケティングを別名保存する」連載中。著書に「デジタルマーケティングの実務ガイド」「たとえる力で人生は変わる」。

野口 竜司
株式会社ZOZOテクノロジーズ  VP of AI driven business
「文系AI人材」として様々なAIプロジェクトを推進。AIビジネス推進や企業のAIネイティブ化に力を入れる。大学在学中に京都発ITベンチャーに参画し子会社社長や取締役として、レコメンド・ビッグデータ・AI・海外コマースなどの分野で新規事業を立ち上げる。その後、ZOZOグループにジョイン。副業で大手企業やスタートアップ向けのAI研修やAI顧問も提供。著書に「文系AI人材になる」など。Twitterアカウントは@noguryu

菅原 健一
Moonshot Inc. CEO
これまでのBtoC、BtoB、大企業、スタートアップ、女性向け、男性向け、サービス、メーカーなど、あらゆる企業のコンサル、アドバイザーの経験を活かし企業の10倍成長を支援するアドバイザー業として2018/7/1にムーンショットを創業。
過去の略歴
・2016年6月スマートニュース入社。 月間600万人を超える利用者、1人あたり毎日12分以上も利用されているSmartNewsの中でブランド広告責任者(Head of Brand Advertising)を務める。
・スケールアウト社(現Supership社)にてデジタル広告プラットフォームのサービス開発とマーケティングを担当。株式会社medibaによるスケールアウト社買収に伴いmedibaのCMOに就任、広告事業およびマーケティング施策を牽引。 スケールアウト社、株式会社nanapi、株式会社ビットセラー3社が合併しSupership社となり、同社CMOとして、ブランド広告主の課題解決やアドテクノロジー、データドリブンマーケティングの啓蒙、事業展開に貢献。

川添 隆 *リモートによるコメント参加
株式会社ビジョナリーホールディングス 執行役員 デジタルエクスペリエンス事業本部 本部長
1982年生まれ、佐賀県唐津市出身。販売、営業アシスタントとして総合アパレルのサンエー・インターナショナルに従事後、ネットビジネスを志しサイバーエージェントグループのクラウンジュエルへ。ささげ業務から企画、PR、営業まで携わる。2010年にガールズ系アパレルブランドを展開するクレッジに転じ、EC事業の責任者として自社ECサイトの内製化、EC事業を2年で2倍に拡大と共にLINE@の成功事例をつくる。2013年7月よりメガネスーパー入社。EC事業、オムニチャネル推進、WEBに関わる全てを統括し、EC事業は6年強で6倍、注力する自社ECは13倍に拡大。2017年11月より兼務。2018年5月に執行役員就任。

ad:tech tokyo について

ad:techは世界の主要都市で開催される国際マーケティングカンファレンス。広告主、エージェンシー、ソリューションプロバイダー、メディアなど、各ジャンルのマーケターが集まる。日本では2009年に初開催し、2020年で12回目を迎える。アドテクノロジーにとどまらず、あらゆるテクノロジーが企業のマーケティングマネジメントにかかわるようになる中で、常に最先端の情報を届けている。
2020年は10月29日、30日、東京国際フォーラムにて行われる。
公式サイト: http://adtech-tokyo.com/ja/

Comexposiumについて

Comexposiumは、世界で170を超えるB2C/B2Bイベントをプロデュースしています。食品、農業、ファッション、建設、ハイテクなど様々な分野をカバーしており、世界30か国で300万人以上の来場者を記録しています。Comexposium Japanは、2009年に「ad:tech」を日本初上陸させ、「アドテック東京」として11年の実績。そのほか、日本における宿泊型マーケティングカンファレンスの草分けである「Brand Summit」も実施。日本のマーケターが世界で戦ううえで必要となる知識・情報・ネットワークが得られる場を設けています。
ウェブサイト: https://www.comexposium.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング