1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界初※1)、広角端開放F値F2を達成 準広角から望遠までシームレスに撮影可能な大口径「ポートレートズーム」35-150mm F/2-2.8 Di III VXD (Model A058)

PR TIMES / 2021年9月30日 17時15分

2021年10月28日より発売 

 総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、フルサイズミラーレス一眼カメラ対応のソニー Eマウント用大口径望遠ズームレンズ「35-150mm F/2-2.8 Di III VXD (Model A058)」(以下Model A058)を、2021年10月28日に発売します。なお、今後の新型コロナウイルス感染症の影響により、発売時期見直しや供給が遅れる可能性があります。



[画像: https://prtimes.jp/i/43231/89/resize/d43231-89-25fda76eda5806634d45-0.jpg ]

商品名    :35-150mm F/2-2.8 Di III VXD (Model A058)
発売日    :2021年10月28日
*新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、発売延期や供給が遅れる可能性があります。
希望小売価格 :229,900円 (税込)

※1) フルサイズミラーレス用ソニー Eマウントズームレンズにおいて。(2021年7月現在。タムロン調べ)


 Model A058は、フルサイズミラーレス一眼カメラ対応ソニー Eマウント用ズームレンズとして、初めて※1)開放F値 F2を広角端で達成した準広角35mmから望遠150mmのポートレートズームレンズです。35mmで周囲の景色を含めた全身の人物撮影から、150mmでは表情や視線を重視したバストアップの撮影まで、中望遠の85mmを中心にポートレート撮影で最適とされる焦点距離を、レンズ交換することなく幅広くカバーします。また、リニアモーターフォーカス機構VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)の採用により、大口径ながら高速・高精度なAFを実現。大幅な大口径化と高画質、そして快適なAF操作を両立しました。さらに、新デザインを採用し、操作性や質感も向上しています。
 準広角から、標準、中望遠、望遠と、使用頻度の高い画角を1本に内包した本レンズは、特にリズム感が大切なポートレート撮影では、レンズ交換なくシームレスな撮影が可能なため、モデルの一瞬の表情も逃さず、素晴らしい作品作りをサポートします。

■独自開発した専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility™」でレンズのカスタマイズを実現
 本レンズは、新たに独自開発された専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」を使用できます。レンズに搭載したパソコン通信用「コネクターポート」とパソコンを「TAMRON Connection Cable」(別売)※2)で接続し、専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」にて、各種機能のカスタマイズや最新のファームウェアのアップデートを行うことが可能です。静止画、動画など各種撮影スタイルに応じて、機能をカスタマイズすることで、より充実した撮影を実現します。
※2) TAMRON Connection Cable (端子形状:USB Type-A to Type-C)

(TAMRON Lens Utility機能一覧)
●カスタムスイッチのカスタマイズ
・A-Bフォーカス: 被写体から被写体へスムーズにフォーカスを移動させる機能です。
・フォーカスプリセット: 記録したピント位置へクリック一つでフォーカスを移動させる機能です。
・フォーカス/絞りリング機能切り替え: フォーカスセットボタンを使って、フォーカスリングを絞りリングに切り替えて使用することが出来る機能です。
・カメラボディ機能割り当て: お使いのカメラボディで予め割り当てた機能をフォーカスセットボタンで使うことのできる機能です。
*使用されない場合は、フォーカスセットボタンを無効にすることが可能です。

●フォーカスリングのカスタマイズ
・MF 回転方向 : フォーカスリングの回転方向を設定できる機能です。
・MF レスポンス : フォーカスリングを操作する際のピントの移動方式を設定できる機能です。

●ファームウェアのアップデート

■製品特長
1. 世界初、F2-2.8大口径ズームレンズ
 Model A058は、一般的なF2.8通しの大口径ズームレンズに比べ、焦点距離35mmでF2の明るい開放F値を実現。広角側でも大きく美しいボケ味を楽しむことができます。また、速いシャッター速度で手ブレを抑えたい場合や低ISO感度でノイズの発生を抑えたい場合などにも、本レンズの明るさが大きなメリットとなります。

2. 準広角から望遠までシームレスな撮影が可能な焦点距離35-150mm
 35mmから150mmまでの特徴的な焦点距離を持つModel A058は、ポートレート撮影に最適な焦点距離のズームレンズです。85mmでバストアップの写真を撮りながら、35mmで全身を、150mmで表情アップの撮影などを1本のレンズで行えます。レンズ交換することなくズームリングの簡単な操作で、準広角から望遠までの撮影をシームレスに、テンポよく続けることができ、シャッターチャンスを逃しません。

3. ズーム全域において高い光学性能を実現
 Model A058は、光の分散性を抑えた4枚の特殊硝材LD (Low Dispersion : 異常低分散)レンズと3枚のGM (ガラスモールド非球面)レンズをバランスよく配置した最新の光学設計によって、ズーム全域にわたって、優れた光学性能を誇ります。高画素デジタルカメラとの組み合わせでも画面の周辺まで安定した高画質が得られ、さらに大口径ならでは美しくやわらかなボケ味を表現します。
 スナップ撮影で定番となる50mm、ポートレート撮影で多用される中望遠域の85mm、あるいは100mmや135mmといった焦点距離でも、優れた描写の撮影が可能です。

4. 高速・高精度AFを可能にするVXD搭載
 AF駆動にはリニアモーターフォーカス機構VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)を採用しました。ハイレベルなAF速度と精度は、撮影者の意図に対して優れた応答性を備えているため、大口径レンズであっても最短撮影距離から無限遠まで、ストレスのない快適なピント合わせが可能です。動体へのフォーカス追従性も優れており、ポートレート撮影などでも瞬間を逃すことなく捉えることができます。また、モーター駆動音が小さく静寂性にも優れているのも特長で、静かな環境下での静止画撮影や、動画撮影にも最適です。

5. 広角端で最短撮影距離0.33m、高い近接撮影能力を実現
6. コンパクトなF2スタートズームレンズ
7. 新デザイン採用で質感向上、各部ブラッシュアップで操作性向上
8. 簡易防滴機構、防汚コート、フードロック機構による高い利便性
9. ソニー製カメラに搭載されている「ファストハイブリッドAF」「瞳AF」など各種カメラ機能に対応

■仕様
モデル名     : A058
焦点距離     : 35-150mm <35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ使用時>
明るさ      : F2-2.8
画角(対角画角) : 63゜26′- 16゜25′<35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ使用時>
レンズ構成    : 15群21枚
最短撮影距離   : 0.33m (WIDE)/ 0.85m (TELE)
最大撮影倍率   : 1:5.7 (WIDE)/ 1:5.9 (TELE)
フィルター径   : φ82mm
最大径      : φ89.2mm
長さ*      : 158mm
質量       : 1,165g
絞り羽根     : 9枚 (円形絞り)**
最小絞り     : F16-22
標準付属品    : 花型フード(ロック付)、レンズキャップ
対応マウント   : ソニー Eマウント用


*長さ = レンズ先端からマウント面まで。
**絞り開放から2段絞り込んだ状態まで、ほぼ円形の絞り形状を保ちます。
仕様、外観、性能等はお断りなく変更する場合があります。

本製品は、ソニー株式会社とのライセンス契約の下で、ライセンスを受けたEマウント仕様書に基づき開発・製造・販売されています。


<株式会社タムロンについて>
デジタル一眼カメラ用交換レンズをはじめとする、一般ユーザー向けの自社ブランド製品からOEM製品、そして各種産業分野に貢献する光学製品に至るまで、独創的な光学製品を供給している総合光学機器メーカーです。今後も豊かな創造性と先進的な高い技術力を駆使し、様々な産業分野に眼を向けて邁進するとともに、事業活動のあらゆる面で環境保全に配慮した活動を目指します。

<取扱光学製品>
一眼レフカメラ用交換レンズ、ミラーレスカメラ用交換レンズ、監視カメラ用レンズ、FA/マシンビジョン用レンズ、TV会議用レンズ、カメラモジュール、車載用レンズ、コンパクトデジタルカメラ用レンズ、ビデオカメラ用レンズ、ドローン用レンズ、医療用レンズ 他


<読者の方からの商品に関するお問い合わせ先>
タムロンレンズ お客様相談窓口 ナビダイヤル
0570-03-7070 ※一般電話から市内電話料金でご利用いただけます。
受付時間 平日9:00~17:00(土日・祝日・弊社指定休業日は除く)

ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、050-3364-1604におかけください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング