「亜空間こねる」とNEWVIEWがコラボしたARグッズが販売開始!ジャンル特化のxR表現コミュニティ第6弾は、#Goods ARグッズ特化のオンラインショップ「STYLY STORE」もOPEN

PR TIMES / 2020年8月28日 18時15分

アーティストコラボ以外にNEWVIEW CYPHER #Goodsで生まれた作品の販売も

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc )」を提供する株式会社Psychic VR Lab(東京都新宿区)、株式会社パルコ(本部所在地:東京都渋谷区)、株式会社ロフトワーク(東京都渋谷区)による共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」は、ジャンル特化のxR表現コミュニティ「NEWVIEW CYPHER(ニュービュー・サイファー)」第6弾となる「NEWVIEW CYPHER #Goods(グッズ)」を公開し、参加アーティスト/クリエイターの募集を開始しました。 



[画像1: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-624800-11.png ]

*xRとは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)などの現実世界と仮想世界とを組み合わせて新たな体験を提供する技術の総称

NEWVIEW #Goods : https://newview.design/cypher/goods/

NEWVIEW CYPHERは、あらゆるジャンルのクリエイティブ表現をフリースタイルにxR表現し合うコミュニティ活動です。第6弾の「NEWVIEW CYPHER #Goods(グッズ)」は、Tシャツ、ステッカー、ポスター、マグカップ、フィギュアなど、モノとARを組み合わせた新たな表現を探求していき、作品に落とし込んでいくコミュニティ活動を展開します。本日募集を開始したのは、ARグッズの制作を通じてモノの価値を高める表現を探求したいアーティスト/クリエイターです。ミートアップやワークショップを通じて、作品を制作していきます。

商品の世界観を拡張するARをまとったグッズは、リアルなモノとしての価値をさらに高めるだけでなく、今までのグッズにない新たな体験をユーザに提供することが可能です。アーティスト/クリエイターとともにARグッズのカルチャー創出を目指していきます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-183628-12.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-578484-8.jpg ]




ARグッズ専門オンラインショップ「STYLY STORE」OPEN!コラボレーション第1弾として次元少女「亜空間こねる」のARグッズを販売開始


[画像4: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-635803-9.png ]

「NEWVIEW CYPHER #Goods」では、グッズの可能性を拡張する実験的なストア「STYLY STORE」をOPEN。ARグッズ制作のインスピレーションとなるアーティストとのコラボレーショングッズの販売を行います。第1弾として、次元少女「亜空間こねる」とコラボレーションしたARグッズ(Tシャツ・アクリルスタンド)の販売を開始しました。

ストアリンク : https://styly.thebase.in/
※ 商品購入前に、事前にスマートフォンアプリ「STYLY」をダウンロードし、ご自身のスマートフォンでSTYLYアプリでのAR体験が可能かご確認ください。

STYLY Mobile:
Google Play | https://play.google.com/store/apps/details?id=com.psychicvrlab.stylymr
App Store | https://itunes.apple.com/jp/app/id1477168256?mt=8
[画像5: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-648008-10.png ]

商品名:
・ミニこねるちゃんが踊る(AR)アクスタ
・こねラテスに会える(AR)Tシャツ / 次元少女ロゴ
・こねラテスに会える(AR)Tシャツ / こねラテス
・こねラテスに会える(AR)Tシャツ / 亜空間こねる

受注期間:8/28 ~ 9/30
※ 商品は予定の数量に達し次第、販売を終了する場合があります。


◆コラボレーションアーティスト

[画像6: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-674053-13.jpg ]

Hyperspace / キャラクターデザイナー / コンテンツクリエイター

“すべてのキャラクターはこの多元宇宙の何処かに実在している”という思想のもと、2018年に発見した「次元少女/亜空間こねる」の企画立ち上げから活動を開始。実制作・運営までのすべてを担当し、その魅力を世に伝え残すために制作を続けている。2020年春からは「ECLAIR GROOVE/メトロミュー」のデザインとディレクションも務める。主なツールは3DCG。イアリンジャパン所属。

Twitter : https://twitter.com/Dimension_Mind
次元少女: https://twitter.com/dimegir



第2弾 / 第3弾コラボレーションアーティストも公開!NEWVIEW CYPHER #Goodsで生まれた作品の商品化も

アーティストコラボ第1弾である次元少女「亜空間こねる」のARグッズ販売を皮切りに、第2弾・第3弾と様々なアーティストとコラボしたARグッズの販売を行う予定です。

コラボレーション第2弾 -KEISUKEYOSHIDA-

[画像7: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-457520-14.png ]

コラボレーション第2弾では、吉田圭佑氏率いるファッションブランド「KEISUKEYOSHIDA」とのコラボレーションTシャツを販売。コラボレーションTシャツにはARステッカーが付属しています。9/4公開・受注販売開始予定。

※ 商品は予定の数量に達し次第、販売を終了する場合があります。


◆コラボレーションアーティスト

[画像8: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-483287-2.jpg ]

吉田圭佑 / ファッションデザイナー

1991年東京都生まれ。
立教大学文学部卒業。coconogacco,esmod japonを経て2015年にKEISUKEYOSHIDAを設立。

2016年春夏シーズンより東京コレクションに参加。
Website: https://www.keisukeyoshida.com/


コラボレーション第3弾 -田中かえ-

[画像9: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=23281&t=animationGifImage&f=agd-23281-93-1.gif&img_id=1598585016 ]

コラボレーション第3弾では、BEAMSとのコラボレーションが記憶に新しい田中かえさんとのコラボレーショングッズを展開。9月に公開・受注販売開始予定。

※ 商品は予定の数量に達し次第、販売を終了する場合があります。


◆コラボレーションアーティスト

[画像10: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-494723-3.jpg ]

田中かえ / Artist

1995 神奈川県横浜市うまれ

主な展示
2020 「田中かえは新宿でいっぱいいっぱい」、BEAMS JAPAN

主な活動
2017~ 乃木坂46「逃げ水」台本イラスト担当、
掲載:MdN 12月号.乃木坂46展示 <だいたいぜんぶ展> 図録
2018 まんだらけ すしお×️田中かえ コラボTシャツ
2019 ~かえちゃんソフビ VAGガチャ
2019 オニツカタイガー×️春麗 展示イラスト制作
2020 Killremote Tシャツ等 イラスト提供
2020 BEAMS コラボロンT イラスト制作
2020 ちんかめ×️BEAMS コラボTシャツ イラスト制作


アーティストとのコラボレーショングッズ展開の他にも、NEWVIEW CYPHER #Goodsから生まれたユーザをワクワクさせるARグッズは、実際に商品化、STYLY STOREにて販売する可能性もあります。また、今後著名アーティストや企業とのコラボARグッズ展開を行う際に、NEWVIEW CYPHER #Goodsのアーティスト/クリエイターの方々に制作の依頼を行う可能性もあります。

IPコラボのグッズ展開や販促物など、コラボレーションARグッズの制作・販売にご興味のある企業の方は下記よりご連絡ください。

お問い合わせ: info@styly.cc(担当:佐藤)



より実験的なモノ x ARの表現もアーティストと探求!新たな利用用途を探るコラボレーショングッズも制作

Tシャツやアクリルスタンド、マグカップなど以外にも新たな利用用途を探るアーティストコラボレーショングッズの制作も進行中。CDアルバム離れが進み、ストリーミング文化が主流な現代でCDアルバムの新たな販促としてARを活用できないか、などアーティスト独自の視点でモノ x ARの表現を探求していきます。

コラボレーション第4弾 -『maco marets AR』/ オノ夏キ feat. maco marets (with Discont)-

[画像11: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-917942-5.jpg ]

「1つの空間としてアルバムを体感する」

CDアルバム離れが進み、ストリーミングで音楽が簡単に聴ける時代。
利便性は高くなったが、CDアルバムがメインだった時代は、アーティスト自身の感性に物理的に触れ、理解することができていた。今回はmaco marets 3rdアルバム『Circles』を基に、アルバムの世界観である「コインランドリー」をAR技術で現実世界に重ね、新たな1つの空間を生み出した。maco marets自身が好きな配色や仕様をヒアリングしながら具体化。AR技術を通して世界観をより身近に感じてもらうことで、アーティストとの距離感を縮められるのではないかと私は思う。CDアルバム販促の新たなアプローチとしても提案したい。


◆コラボレーションアーティスト

[画像12: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-539907-1.jpg ]

オノ夏キ feat. maco marets (with Discont)

オノ夏キ / USB人間
NEWIVIEW AWARDS 2019にてVR作品「ne.mui」が銀賞・PARCO賞をW受賞。9月、SICF21でのAR作品を展示予定。
website : http://ononatsuki.net

maco marets / Rapper
2016年、ソロアルバム『Orang.Pendek』でデビュー。最新作『Waterslide III』8月末リリース予定。
website: https://www.macomarets.me/
Twitter: https://twitter.com/bua_macomarets
Instagram: https://www.instagram.com/bua_macomaret

Discont / XR Artist
NEWVIEW AWARDS 2018 PARCO賞受賞。2019年、渋谷PARCOのリニューアルと同時にAR作品「World’s end supernova」を展示。現NEWVIEW CYPHERプロジェクトリーダー。
Twitter: https://twitter.com/VR_landscape


コラボレーション第5弾 -『Creature typeface』/ 八木幣二郎 -

[画像13: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-545178-15.jpg ]

遥か未来に文字が死骸となり、墓場から発掘された文字(クリーチャー)をstylyマーカーを読み込むことでARとして現代に立体的に立ち上がらさせ、文字(クリーチャー)を動きながら鑑賞し埋葬することができる、タイプフェイスデザイン。

◆コラボレーションアーティスト

[画像14: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-552208-0.jpg ]

八木幣二郎 / アートディレクター / グラフィックデザイナー

1999年、東京都生まれ
東京藝術大学先端芸術表現科在学中

文字が本来持っていたはずのグラフィカルな特性を未来から発掘しています。

Twitter: https://twitter.com/57577_hei
Instagram: https://www.instagram.com/heijiroyagi/



第6弾 NEWVIEW CYPHER #Goods概要


[画像15: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-300927-6.png ]

NEWVIEW #Goods : https://newview.design/cypher/goods/

ARグッズの制作を通じてモノの価値を高める表現を探求したいアーティスト/クリエイターを募集します。ミートアップやワークショップを通じて、互いにアイデアや実装手法を共有しつつ、時には競争し時には助け合いながらこれまでの概念に縛られないARグッズの制作に取り組みます。

■募集アーティスト/クリエイター
・プロ、アマ、年齢問わずAR×Goodsの新たな表現に関心がある方
・作品の制作と作品エントリーを実施できる方

■スケジュール
NEWVIEW CYPHERは、コミュニティに参加するプレイヤー(参加アーティスト/クリエイター)枠とオーディエンス枠、作品投稿のみの作品公募枠が用意されています。

・プレイヤー(参加アーティスト/クリエイター)およびオーディエンス募集期間:
2020年8月28日(金)17:00~ 2020年9月10日(木)19:00

・作品投稿募集期間:
2020年8月28日(金)12:00~ 2020年10月23日(金)24:00
※投稿された作品は、NEWVIEW AWARDS 2020にも同時でエントリーされます

■#Goodsページ
AWRD: https://awrd.com/award/newview-cypher/tab/goods

※その他は順次公開予定です。



NEWVIEW CYPHERについて


[画像16: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-211269-7.jpg ]

NEWVIEW CYPHERは、あらゆるジャンルのクリエイティブ表現をフリースタイルにxR表現し合うコミュニティ活動です。ヒップホップのサイファーのごとく、ジャンルごとにアーティスト/クリエイターが集まり、作品の制作を通じた表現行為を互いにプレゼンテーション。独自性の高いスタイルを評価・称賛し合う交流と研鑽を通じて、各ジャンルにおけるxR表現を開拓していきます。活動の集大成としては、参加アーティスト/クリエイター同士が公開で作品のプレゼンテーションをし合い、優秀作品を選出するイベント「オープンサイファー」を開催します。アワードとは異なり審査員は不在、参加者の投票によって優秀作品を選出する仕組みです。投稿枠として作品公募も行いイベントでの作品紹介と贈賞も行います。

WEB: https://newview.design/cypher/


■オープニングイベント(オンライン/Zoom)
NEWVIEW CYPHERの活動紹介と簡易ワークショップを兼ねたオープニングイベントを開催します。

・2020年8月28日(金)19:30~21:00
NEWVIEW CYPHER オープニングイベント参加申し込みページ
Peatix: https://newview-cypher-opening.peatix.com


主催 NEWVIEW PROJECT

[画像17: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-800156-4.jpg ]

NEWVIEWについて
3次元空間での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓する実験的プロジェクト/コミュニティーとして2018年1月始動。多様なジャンルのアーティストと実験的作品を仕掛け、新たな表現を社会提示する活動のほか、「NEWVIEW AWARDS」、xRを総合芸術として学ぶアートスクール「NEWVIEW SCHOOL」を展開し、次世代クリエイターの発掘・育成・交流・発信を行っています。
Web: https://newview.design/

○お問い合わせ: NEWVIEW CYPHER 事務局(担当 一岡)
info@styly.cc
プレスリリースやロゴなどが入った、プレスキットは以下よりダウンロードください。
https://drive.google.com/drive/folders/1DRbG7RQPmlXgsoIuoIFf0Anz-Rqad0Zh?usp=sharing



STYLYについて


[画像18: https://prtimes.jp/i/23281/93/resize/d23281-93-880134-16.png ]

STYLYは、アーティストに空間表現の場を提供するVR/AR/MRクリエイティブプラットフォームです。

STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなどアーティストのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。

WebブラウザのみでxR空間制作が可能で、MacやWindowsに対応。VR対応型PC以外の普及型パソコンでも稼働します。また、MAYA, Blenderなどの3Dソフトはもちろん、Youtube、SoundCloudといったサービスと連携しているので、複雑な操作なしに各種素材を取り込み、空間制作に活用することができます。

STYLY Official Site: https://styly.cc/
STYLY GALLERY: https://gallery.styly.cc/

STYLY Mobile:
Google Play | https://play.google.com/store/apps/details?id=com.psychicvrlab.stylymr
App Store | https://itunes.apple.com/jp/app/id1477168256?mt=8



株式会社Psychic VR Lab について

・本社所在地 :東京都新宿区新宿1丁目34−2 MORIAURA 2F
・代表者 :代表取締役 山口征浩

XR時代におけるクリエイティブプラットフォームとして、ブラウザだけでXR空間を構築し、配信を行うことができるクラウドサービス『STYLY』を展開、すべてのアーティストがXR空間を作ることができる世界を作ることをミッションにアート、ファッションからライフスタイルに関わるインターフェイスのXR化を推進しております。

HP: https://psychic-vr-lab.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング