「Serato DJ」専用フルデジタルDJミキサー“DJM-900SRT Serato DJ Edition”を新発売

PR TIMES / 2013年9月5日 18時40分

~高音質・高い操作性・「Serato DJ」とのシンプルな接続を実現~

パイオニアは、マルチプレーヤーやターンテーブルと組み合わせてSerato Audio Research Ltd. (以下、Serato社)のDJソフトウェア「Serato DJ」を直感的に操作できる、「Serato DJ」専用DJミキサー“DJM-900SRT Serato DJ Edition”を発売します。



【商品名】 DJミキサー
【型番】  DJM-900SRT
【希望小売価格】 オープン
【発売時期】 10月中旬

 「Serato DJ」は多彩なパフォーマンス機能と分かりやすい操作が、DJソフトウェアを使用する多くのDJから高い評価を受けている、Serato社の最新DJソフトウェアです。
 本機は、「Serato DJ」の操作に必要な信号を入出力するためのサウンドカード※1を内蔵しているので、外付けのサウンドカードを使用せずに、USB ケーブル1本でPCと接続するだけで「Serato DJ」を操作することができます。「Serato DJ」から楽曲のBPM情報と拍位置情報を取得することができるので、「BEAT EFFECT」操作のタイミングがずれた時でも、エフェクトがビートに合うように自動的に修正します。また、ノブを回すだけでさまざまな効果を加えることができる6種類の「SOUND COLOR FX」や、曲のテンポ(BPM)に連動した効果を加えられる13種類の「BEAT EFFECT」を使って多彩で独創的なリミックスを行えます。さらに、当社がDJMシリーズで培ってきたさまざまな高音質技術を継承することで、クリアでパワフルな音を実現しています。

【商品説明YouTube動画】 http://www.youtube.com/watch?v=nUjnBfpk1W0 

【主な特長】 
1) シンプルな接続で 「Serato DJ」を使ったDJプレイを行えるUSBサウンドカードを内蔵 
 本機は、「Serato DJ」の操作に必要な信号を入出力するためのサウンドカードを内蔵しているので、外付けのサウンドカードを使用せずに、USB ケーブル1本でPCと接続するだけで「Serato DJ」を操作することができます。同梱のコントロールディスク※2(CONTROL VINYLまたはCONTROL CD)からの操作信号をサウンドカード経由でPCに出力し、最大で4つのプレーヤーを接続して「Serato DJ」を使ったDJプレイが可能です。また、「Serato DJ」から楽曲のBPM情報と拍位置情報を取得することができるので、「BEAT EFFECT」操作のタイミングがずれた時でも、エフェクトがビートに合うように自動的に修正します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング