「第二回 フリースケール・カップ 日本大会」開催

PR TIMES / 2013年6月17日 12時2分

最先端の半導体技術を使用したモデルカーの祭典

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、最先端の半導体技術を使用したモデルカーの競技会「フリースケール・カップ」の第二回大会を開催することを発表しました。本大会で優勝したチームは2014年8月に開催予定の世界大会への切符を手にします。

フリースケールは、将来を担う若手の技術向上を図る場として、フリースケール・カップを全世界で開催しています。2003年に韓国で開催以来、米国、中国、インド、メキシコ、ブラジル、マレーシア、欧州の11カ国を含む世界20カ国のおよそ1,000の高等専門学校・大学より、2,500チーム、25,000人が参加する世界的な大会です。フリースケール・カップでは、電気工学(回路、インタフェース、ソフトウェア設計)と機械工学(制御理論)を学びつつ、コミュニケーション技術やチームワーク・スキルを磨く優れた機会を提供しています。単なるコンピュータ上でのプログラミング、シミュレーションだけでなく、これらの成果を実践に活かし競技レースを楽しむことができます。また、参加登録、モデルカー・キット、オンデマンド&各地でのトレーングはすべて無料で提供されるため、チームを結成すればすぐに開発に取り掛かることができます。 詳しくはこちら:http://www.freescale.co.jp/about/university_program/fslcup.php

日本で初めての開催となった昨年の「第一回 フリースケール・カップ 日本大会」では、日本全国の15校17チームより51名の学生が参加しました。昨年の参戦チームからは、『大会を通していろいろ勉強することができた。 (チーム:「初岡南 (奈良工業高等専門学校)」』、『実際に、複数のモジュールを使ったライントレースカーという具体的なものを深いレベルで触ることができ、楽しかった。 (チーム:「チーム・ザ・タワシ (大阪電気通信大学)」』、『カメラを用いたライントレースは難しかったが、自分自身のスキルアップには良かった。来年も機会があれば参加したい。(チーム:「くらちゃん(東京工業大学)」』、といった感想が多く寄せられ、大変好評を博しました。

なお、「第一回 フリースケール・カップ 日本大会」の優勝チームの「坂村研究室 (東京大学)」は、2013年8月22日・23日に中国・ハルビンで行われる「フリースケール・カップ 世界大会」に参加予定です。「第一回 フリースケール・カップ 日本大会」の模様をこちらでご覧になれます。
http://www.youtube.com/watch?v=CtkRsLZD7VQ&feature=player_embedded

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング