グアムでの思い出をより良きものに、『Visitor Safety Officer(VSO)』 プログラム始動開始!

PR TIMES / 2014年11月27日 12時23分



 グアム政府は、グアム政府観光局、G4S※2と共同で、ツーリスト・アトラクション・ファンド(TAF※1)を財源とした『Visitor Safety Officer』プログラムを2015年度予算に入った2014年10月7日より始動させました。プログラムの活動内容は、タモンエリアのビーチや道路の交通整理、パトロールを中心とし、急を要するメディカルケアの提供、水害、水難時の人命救助活動なども積極的に行い、ホテル内のプールや、プライベートビーチなどの安全警備も含まれます。また、緊急警報などのサイレンや、タモンエリアで起こる犯罪の防止活動、皆様から寄せられる苦情の対応なども行い、安全でより過ごしやすい環境を目指し活動しています。

さらに、写真撮影のお手伝い、簡単なガイド、迷子のケアなどにも対応するコンシェルジュとしての活動も実施するなど、ご来島された方々へ「Hafa Adai!」(チャモロ語で「こんにちは!」)、の挨拶とともに温かいおもてなしの心で接するように努めています。グアムへ来島された際はお気軽に声をかけていただき、グアムでの忘れられない思い出の作りのサポート役としてご活用ください。

グアム政府ならびにグアム政府観光局では、旅行者の皆様の安全と、楽しい旅の思い出を守る活動を続けており、今後もさらなる充実を図ってまいります。

【Visitor Safety Officerプログラム概要】
開始日: 2014年10月7日(火)
活動エリア:タモンエリア(ガンビーチ~フローレス大司教像のロータリー)
パトロール車両:ピックアップトラック、電動カート、バイク、ジェットスキー、自転車等

※1:ツーリスト・アトラクション・ファンド(TAF)は、グアムの観光施設の修繕、美化計画など、観光誘致を目的としたプロジェクトのみに特化した政府予算。

※2:G4Sは、イギリスのPMSCs(Private Military and Security Companies、民間軍事/警備会社)で、125ヶ国に従業員65万7000人を擁する世界最大の警備保障会社。グアムのG4Sには、元グアム警察官、元グアムナショナルガード、犯罪心理学学科の卒業生など、警備に関する経験者が勤務しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング