2013年夏の消費、振り返り(マクロミル)

PR TIMES / 2013年9月5日 15時11分

MACROMILL WEEKLY INDEX REPORT

■ 猛暑の7~8 月、ほぼ毎週で昨年よりお出かけ日数が減少
■ 2013 年夏の消費金額、3 ヶ月連続で前年を下回る
■ 汗対策?男性の化粧品購入が前年増で好調
■ ポジティブな気分で過ごすと、消費意欲の高まりが顕著



株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉、以下「マクロミル」)は、
全国の一般消費者の消費に対する意識と実態を毎週定点で観測している
MACROMILL WEEKLY INDEX(マクロミル定点観測調査)のデータから、
2013 年6~8 月の一般消費者の消費行動の変化を分析しました。
調査手法はインターネットリサーチ。有効回答数は毎週1,000 名。


<調査分析背景>
2013 年の夏は、全国的に記録的な猛暑となりました。
この暑さが、“夏のボーナス”や“お盆休み”などの消費ピークポイントに
どのような影響を与えたのか、定点観測調査データを用いて
一般消費者の消費行動の実態を分析しました。


■ 猛暑の7~8 月、ほぼ毎週で昨年よりお出かけ日数が減少
1週間の通勤・通学、日常的な買物などを除く特別な外出をした“平均お出かけ日数”の変化をみると、
2013 年は7~8 月のほとんどの週で、2012 年よりも少なかったことがわかりました。
また、2013年の夏は各地で記録的な“猛暑”が続きました。
気象庁発表の最高気温の日毎データを見ても例年より梅雨明け直後の最高気温がとくに高く、
この“猛暑”や、局所的に短時間で大雨をもたらした“ゲリラ豪雨”などが、
お出かけ日数の減少につながったのかもしれません。


■ 2013 年夏の消費金額、3 ヶ月連続で前年を下回る
2013 年6~8 月にかけての1 週間あたりの消費金額は16,400 円でした。
昨年同期間の17,000 円と比べて、600 円のマイナスとなりました。
お出かけ日数が減ったこともあり、消費が伸び悩んだ様子がうかがえます。


■ 汗対策?男性の化粧品購入が前年増で好調
2013 年の6~8 月、何を消費したかに注目しました。
各アイテムの平均消費率は2012 年に比べ、全体的に低下している中、
男性の“化粧品”への消費だけが昨年の夏に比べて上昇したことがわかりました。
汗やにおいを気にする男性が増えたことによる影響があるのかもしれません。


■ ポジティブな気分で過ごすと、消費意欲の高まりが顕著
MACROMILL WEEKLY INDEX の新たな質問項目として、
2013 年から「過去1週間の生活気分」を追加しました。
生活気分は4 つのポジティブ要素の選択肢と4 つのネガティブ要素の選択肢があり、
ポジティブとネガティブのそれぞれの平均値を算出すると、
週ごとの生活気分と消費行動との関係性が見えてきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング