ファミリーマート、ファミマ・ドット・コム福島応援プロジェクトの一環で福島県・飯舘村で育った牛と牧場を守る「牛一頭買いプロジェクト」始動

PR TIMES / 2012年5月30日 15時30分



株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:上田準二、以下、ファミリーマート)と、ファミリーマートのEC関連事業の子会社である、株式会社ファミマ・ドット・コム(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:市川透、以下、ファミマ・ドット・コム)は、東日本大震災復興支援の取組みの一環として、「牛一頭買いプロジェクト」を始動いたします。このたびは、福島県飯舘村で育った牛を守ろうと努力を続ける、かつて飯舘牛の生産者であった「小林牧場」(所在地:千葉県山武市、代表者:小林将男)と、“格之進”の名称で肉の加工販売・焼肉店の営業を行う「門崎」(かんざき)(本社:岩手県一ノ関、代表取締役社長:千葉祐士)協力のもと、インターネットショッピングサイト「ファミマ.com」(http://www.famima.com) で、飯舘村で育った小林牧場の黒毛和牛を「ファミマ.com」限定商品メニュー(全5種類)として、2012年5月30日(水)午後15時から数量限定で販売いたします。

■福島県・飯舘村 「牛一頭買いプロジェクト」
1.背景
豊かな自然に恵まれた福島県飯舘村。東日本大震災、原子力発電所の事故により飯舘村の畜産は大きな打撃を受けました。その中でも小林牧場は、飯舘村で育った牛たちを守ることで全国に散らばってしまった飯舘村の仲間たちとの絆をつなぎたいという熱い想いのもと、現在は千葉県に牧場を移し飯舘村から連れていった牛たちを飼育しています。ファミリーマートとファミマ・ドット・コムは、その熱い想いに賛同し、小林牧場の活動を応援・サポートするために「牛一頭買いプロジェクト」を始動させました。

2.プロジェクト内容
当プロジェクトでは、小林牧場で大事に育てられた黒毛和牛を、“格之進”の名称で肉の加工販売・焼肉店の営業を行う門崎が「一頭買い」し加工と限定商品メニューの作成を行い、ファミマ・ドット・コムがインターネットショッピングサイト「ファミマ.com」の特設ページ(http://www.famima.com/shop/a/aiitate/) にて販売いたします。
なお、飯舘村で育った小林牧場の黒毛和牛は、株式会社千葉県食肉公社経由で一般財団法人千葉県環境財団の放射能測定検査により、安全・安心が証明されています。


3.商品概要
1)一頭まるごと希少部位セット:31,290円
(1,000g:特選ザブトン厚切りカット200g、リブ巻き特選霜降り焼肉カット100g、特選トモサンカク(ヒウチ)厚切りカット100g、特選イチボの厚切りカット100g、シャトーブリアン100g×1枚、切り出しミスジ厚切りカット100g、贅沢リブアイステーキ150g×2枚)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング