デルタ航空、2015年からマイレージプログラム「スカイマイル」を変更

PR TIMES / 2014年2月27日 13時45分

2015年1月1日より、米国大手航空会社で初めて航空運賃を基準にしたマイル獲得モデルを導入、片道のみや現金との併用をした特典旅行など、マイルの利用方法が増え、より柔軟なプログラムに



【米国アトランタ、2014年2月26日/東京、2014年2月27日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は、お客様により快適な旅を提供する取り組みの一環として、マイレージプログラム「スカイマイル」のプログラムの変更を発表しました。2015年より、これまでの飛行距離に応じたマイル数をご獲得いただくモデルから、ご購入いただいた航空券の運賃*に基づくモデルに移行します。
スカイマイルのプログラム変更は、2015年1月1日付けで開始され、より少ないマイル数で利用できる特典旅行用座席数の増加、往復の特典旅行の半分のマイルで利用できる片道特典旅行の導入、マイルと現金を組み合わせて使える「マイル+キャッシュ(マイル プラス キャッシュ)」の導入など、マイル利用方法の拡大のほか、デルタ航空ウェブサイトdelta.comのマイル利用ツールの操作性向上も含まれます。

今回の発表は、航空会社のビジネスを再考し、再建しようとするデルタ航空の継続的な取り組みの一環です。この5年間デルタ航空では、ヴァージン アトランティック航空、アエロメヒコ航空、ブラジルのゴル航空への戦略投資のほか、総額14億ドルを投じたニューヨークJFK空港第4ターミナルの増改築、アトランタ空港新国際線ターミナルの建設、ニューヨーク ラ・ガーディア航空の国内線ハブ化、ロサンゼルス国際空港とシアトル-タコマ国際空港の改装、米国内の年間ジェット燃料の8割をまかなう精油所の運営、米国内路線で使用されている50席以下の小型機を減らし効率の良い機材への切り替え、お客様サービスへの巨額投資など、革新的な施策を進めてきました。

新しいマイル獲得モデル
ご利用のフライトの飛行距離に基づいたマイル数をご獲得いただく現行モデルから、購入した航空券の運賃に基づいたマイル数をご獲得いただくモデルに変更します。お客様がご旅行の計画を立てるのに充分な時間を確保するため、プログラム変更予定日の10ヶ月前に発表しました。
変更後のプログラムでは、航空券の購入価格1米ドルごとに、スカイマイル会員資格により5マイルから11マイルをご獲得いただけます。デルタ航空を頻繁にご利用のお客様や、より高価格で航空券を購入いただいたお客様に、より多くのマイルを獲得いただける仕組みになります。
2015年1月1日のご旅行分から適用される新しいマイル獲得モデルは、頻繁にフライトを利用されるビジネス渡航のお客様や、利用頻度は少なくても高額の航空券をご購入されるレジャー渡航のお客様にとって、メリットの多いプログラムになります。購入額に応じてお客様への特典を厚くするというモデルは、旅行業界のトレンドと合致しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング