【報道参考資料】南スーダン 内戦危機 戦闘に駆り出される子どもたち

PR TIMES / 2014年1月20日 15時24分

ユニセフ 国際・国内法の順守を強く求める



※本信は、ユニセフ本部からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳・編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_71783.html でご覧いただけます


【2014年1月17日 ジュバ】

ユニセフは、武力衝突が続く南スーダン共和国で、子どもたちが戦闘に駆り出されている
状況に、強い懸念を表明します。

国際法ならびに南スーダン共和国の国内法は、18歳未満の子どもを、公式/非公式にかかわらず、
軍隊の一員として戦闘行為に参加させることを禁じています。

ユニセフは、南スーダンの子どもたちが武力衝突に関与しているという、信頼のおける情報を
入手しています。戦闘に関与している子どもの正確な人数までは把握できていないものの、
ユニセフは武力衝突の当事者や関係者すべてに対し、子どもを戦力として利用しないこと、
利用を許容しないこと、そしてすべての子どもたちを即時に解放することを求めています。

「ユニセフはこの武力衝突に関わるすべての人々に、国際・国内法に定められた約束と義務を
確認するように求めます。子どもの武力衝突への関与を禁止する法律を順守しない者は、
責任を負わなければなりません」と、ユニセフ・南スーダン事務所のイヨルムン・
ウハア代表は訴えます。

国連安全保障理事会は南スーダンで武力衝突に巻き込まれている子どもたちの状況の
モニタリング・報告を行っており、ユニセフはその一端を担っています。現地へのアクセスや
安全面での課題があるものの、ユニセフはパートナー団体との協力の下、子どもの軍事徴用に
関する報告活動を継続しています。


■ 本件に関するお問い合わせ
日本ユニセフ協会 広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036  Eメール:jcuinfo@unicef.or.jp
または
Doune Porter UNICEF South Sudan  Chief, Strategic Communication
dporter@unicef.org
James Elder UNICEF Eastern & Southern Africa Regional Chief of Communication
jelder@unicef.org
Sarah Crowe UNICEF Spokesperson and Senior Advisor  scrowe@unicef.org

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング