【プレスリリース】中央アフリカ共和国 避難中の子ども2万人以上に仮設教室を設置

PR TIMES / 2014年2月5日 15時51分

首都バンギにて



※本信は、ユニセフ本部からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳・編集したものです
※原文をご入用の際には、日本ユニセフ協会広報室(後述)までお問い合わせください


【2014年2月4日 バンギ /ダカール/ジュネーブ発】

中央アフリカ共和国の首都バンギに、避難中の子どもたちのための仮設学習スペースが設置
され、2万人以上が通学する予定です。紛争により、自宅を追われ、学校は休校しています。

昨年12月初旬以来、すべての学校が休校しているバンギ。ユニセフとパートナー団体は、
バンギの避難所各所に100以上の仮設学習スペースを設置、現在、40ヶ所以上が稼働して
います。また、教師160名を対象に3~5歳児向けの授業の研修も実施しました。住民の帰還が
始まっている北西部のボッサンゴアと周辺では、学校が被害を受けていることから、ユニセフ
は仮設学習スペースをさらに設置する予定です。


■子どもたちに安心して過ごせ、学べる空間を
ユニセフ・中央アフリカ事務所副代表のジュディス・ルヴェイルは「避難している子どもたち
が学校に通えないのであれば、子どもたちのそばに教室を設けるべきです。こうした考えが
今回の仮設学習スペース設置の背景にあります。情勢が許せばすぐに、教師と生徒たち全員が、
安心して常時学校に通えるようにすることは、平和と和解の道のりへ進む重要な一歩です」と
述べました。

仮設学習スペースは、一時的な教育の提供方法です。情勢が許せば直ちに、ユニセフは教育省
を通じて、公式の学校の再開を支援します。

これまでに、ユニセフは教育キットやレクレーションキット計500セット以上をバンギの避難所
20ヶ所に配布。教育キットには、教材や本、文房具が、レクレーションキットにはスポーツ
用品や画材などが入っています。

ルヴェイル副代表は「紛争が始まって以来、子どもたちは数カ月間も学校に通えていません。
子どもたちが安心を得られる空間にアクセスできるようにすることは、喫緊の課題です。
授業を受けることで、子どもたちは紛争前の日常らしさや安定、未来への希望といったものを
感じることができます」と加えました。
仮設学習スペースに加え、ユニセフは子どもにやさしい空間も設置。避難中の子どもたちが
心のケアを受け、レクレーション活動に参加できるようにしています。


■暴力や報復ではなく、誠実さややさしさを
ユニセフの研修を受けた教師の一人、アントイネッテさんは「クラスの子どもたちには、
子どもたちが目撃した悪い出来事を忘れてほしいと思っています。子どもたちには、暴力や
報復ではなく、誠実さややさしさに向かってほしいのです。教育のない国には、未来はあり
ません」と強調しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング