新刊『手紙社のイベントのつくり方』発売、フェア開催

PR TIMES / 2020年3月31日 15時5分

ユニークな催事を次々と企画し、注目される「手紙社」。その成功の秘密を明かす新刊発売&フェアを開催。

「手紙社」代表、北島勲による書き下ろし、初の著作になる『手紙社のイベントのつくり方』。代官山 蔦屋書店で開催される発売記念フェアでは、オリジナルグッズなどを販売!



株式会社美術出版社(東京・品川/代表取締役社長:遠山孝之)は、『手紙社のイベントのつくり方』を、発売。代官山 蔦屋書店では、発売を記念したフェア「手紙社のおしごと」が、4月1日よりスタートします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10983/142/resize/d10983-142-576722-5.jpg ]


「手紙社」は、元雑誌編集長の北島勲氏が、パートナーとふたりで始めた編集プロダクションからスタート。その後、編集の考え方をさまざまなビジネスに展開させ、"クラフト&デザインのある暮らし”を大きなテーマに、その存在感をアピールし続けています。「もみじ市」、「東京蚤の市」、「関西蚤の市」、「布博」、「紙博」など、主催するイベントは、どれも注目の的。多くのクラフト好き、手仕事好きな女性たちにとってカリスマ的存在に。本書は、活動10年目を越えた彼らのビジネスの成長の過程と、その表現方法を紹介し、成功の秘密にせまる1冊になっています。


[画像2: https://prtimes.jp/i/10983/142/resize/d10983-142-690456-0.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/10983/142/resize/d10983-142-435406-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/10983/142/resize/d10983-142-334713-2.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/10983/142/resize/d10983-142-999168-3.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/10983/142/resize/d10983-142-852715-4.jpg ]

また、『手紙社のイベントのつくり方』を発売して開催されるフェアが、4月1日より、代官山 蔦屋書店で開催されます。「手紙社」のオリジナル文具や雑貨など、春にふさわしい人気商品が店頭に並ぶ予定です。


【著者プロフィール】
北島 勲(きたじま・いさお)
1967年生まれ。群馬県出身の編集者。映像制作者、広告代理店の営業職を経て、雑誌の編集者に。2001年、雑誌『LiVES』を企画、編集発行人を務める。2003年、雑誌『自休自足』を企画、編集長を務める。2004年、雑誌『カメラ日和』を企画、編集長を務める。2006年、クラフト作家・音楽家・料理研究家・農家など、さまざまなジャンルの作り手が集うイベント「もみじ市」を主催。2008年、独立して「手紙社」を設立。3日間で5万人以上を集める「東京蚤の市」など数多くのイベントを主催。現段階で、カフェ、雑貨店、書店など国内で5店舗、海外で1店舗を経営。クラフトビールの醸造所開設を準備中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【書誌情報】
『手紙社のイベントのつくり方』
著者:北島 勲
発売:2020年3月17日
定価:2200円+税
発行:美術出版社
仕様:A5変形、並製、240ページ
ISBN:978-4-568-50646-4
Amazonはこちら https://www.amazon.co.jp/dp/4568506468

【フェア情報】
開催期間:4月1日~30日(予定)
場所:代官山 蔦屋書店
東京都渋谷区猿楽町17-5 代官山 蔦屋書店 1号館1階
https://store.tsite.jp/daikanyama/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング