注目のオーストラリア経済にフォーカス!マネパの豪ドル特集

PR TIMES / 2019年6月13日 4時40分

株式会社マネーパートナーズ(代表取締役社長:奥山泰全、本社:東京都港区、以下「マネーパートナーズ」)では、約3年ぶりに政策金利を過去最低の1.25%に引き下げ、追加利下げの動向や米中貿易戦争の余波で注目されるオーストラリア経済の特集コンテンツを公開しています。また、6月18日(⽕)には、広瀬隆雄氏によるオーストラリアセミナーも実施いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/17182/144/resize/d17182-144-760932-1.jpg ]

【マネパの豪ドル特集】
<掲載内容>
・「豪ドル/円」テクニカルポイント(祝日を除く毎営業日更新)
・「豪ドル/米ドル」テクニカルポイント(祝日を除く毎営業日更新)
[画像2: https://prtimes.jp/i/17182/144/resize/d17182-144-418460-2.png ]

・チーフアナリスト武市や外部講師によるセミナー・コラム・レポート など

[画像3: https://prtimes.jp/i/17182/144/resize/d17182-144-172329-3.png ]

<特集ページURL>
https://www.moneypartners.co.jp/special/aud/
オーストラリアだけにフォーカスして、気になる情報をまとめた特設ページです。豪ドルお取引中のお客様や、これからお取引をご検討中のお客様のトレードに役立てるよう、随時更新してまいりますので、ご期待ください。更新情報は、マネーパートナーズ公式ツイッター・フェイスブックでお知らせしています。
<公式 Twitter>
https://twitter.com/ManepaOfficial
<公式 Facebook>
https://www.facebook.com/manepa.fx

【6/18:豪経済リアルタイムWEBセミナー開催決定】

[画像4: https://prtimes.jp/i/17182/144/resize/d17182-144-252823-4.png ]

<タイトル>
政策金利引き下げの影響は!?豪ドルトレード戦略解説WEBセミナー
<内容>
オーストラリア経済の今を確認、豪ドルのトレード戦略について
<日時>
2019年6月18日(⽕)20時30分~21時30分まで
<講師>
広瀬 隆雄氏(コンテクスチャル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター)
<参加費>
無料
<参加条件>
マネーパートナーズに口座をお持ちのお客様(事前のお申込は不要です。)

マネーパートナーズとは
マネーパートナーズは、上場企業グループ会社として、外国為替証拠金取引 (以下、FX)や、複数通貨対応のプリペイドカード事業を行う外国為替のプロフェッショナルです。
FX の分野では、3 年連続でオリコン顧客満足度ランキング 「FX 取引」において総合1 位の評価をいただいております。それだけではなく、お客様目線でのお取引環境の整備に長年こだわり続け、お取引で重要な注文の約定における調査では、100%注文価格で約定を記録し、10 年連続1 位の評価をいただいております。※1
複数通貨対応のプリペイドカードであるマネパカードは、外国為替の専門家としての経験と実績から、圧倒的低コストでの外貨両替を実現しました。外貨両替「日本最安」※2 のマネーパートナーズだから実現できるおトクが、マネパカード最大のつよみです。
マネーパートナーズはネット専業FX 会社として、「お客様第一」の企業理念にもとづき、皆様に快適にご利用いただき、ご満足いただけるサービスをこれからもご提供できるよう努めてまいります。
[画像5: https://prtimes.jp/i/17182/144/resize/d17182-144-266000-0.png ]


※1 2018 年12 月株式会社矢野経済研究所 「FXサービスパフォーマンステスト」において
PC からのストリーミング注文において
※2 株式会社矢野経済研究所 2018 年7 月実施「外貨両替コスト比較調査」
対象:米ドル・ユーロ・英ポンド・スイスフラン数量1,000 通貨以上の調査結果

株式会社マネーパートナーズ
【URL】
https://www.moneypartners.co.jp/
【会社名】
株式会社マネーパートナーズ
・金融商品取引業の登録番号
関東財務局長(金商)第2028号
・加入協会
日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
日本商品先物取引協会
・資金移動業の登録番号
関東財務局長第00022号
・加入協会
一般社団法人日本資金決済業協会
【所在地】
東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー33階
【設立】
2008年5月9日
【代表者】
代表取締役社長 奥山泰全
【事業内容】
金融商品取引法に基づく外国為替証拠金取引、
有価証券関連業務及びこれに付随する一切の業務
外国通貨の売買、売買の媒介、
取次ぎもしくは代理、その他これに付随する業務
金融商品取引業及びこれに付随する業務
資金移動業、商品先物取引業
【資本金】
31億円(2019年3月31日現在)

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意
パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング