3/9~11は岩手・宮城・福島の子どもたちを応援する特別な「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」実施

PR TIMES / 2014年3月5日 14時31分

「イオン」や「ダイエー」、「マックスバリュ」など過去最大2,300店舗で実施



イオンは3月9日(日)から11日(火)まで、岩手、宮城、福島の子どもたちを応援する「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」を実施します。期間中、お客さまより専用ボックスに投函いただいたレシートの合計金額の1%を、被災した子どもたちの「くらし」と「学び」を応援する育英基金にイオンが寄付します。

子どもたちの健やかな成長を願う全国のお客さまの想いを東北へ届けるため、今年は 新たに「ダイエー」「サンデー」「グルメシティ」「ピーコックストア」が加わり、過去最大となるグループ2,300店舗のレシートが黄色いレシートに変わります。また、「イオンモール」「イオンタウン」内の専門店レシートでもご参加いただけます。

◎イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン
毎月11日の「イオン・デー」に実施している「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」は、2001年より実施しているイオンの社会貢献活動です。お客さまに、応援したいと思う地域のボランティア団体のボックスにレシートを投函していただき、投函されたレシート合計金額の1%相当の品物をイオンからボランティア団体に寄付しています。お客さまとともに地域を元気にする活動として、これまでにのべ18万団体へ総額20億円を超える品物を寄付しています。

2012年からは、東北復興支援活動の一環として3月のキャンペーン期間を拡大し、専用ボックスに投函されたレシート合計金額の1%を、東北の子どもたちを応援する活動に寄付しています。昨年は、「東北の子どもたちを応援したい」という全国のお客さまから3日間で約480万枚94億5,000万円分のレシートを投函いただき、9,450万円を、岩手、宮城、福島の3県の育英基金に「東北復興支援WAON」の寄付とともに贈りました。

イオンは、全国のお客さまとともに、グループ一丸となって東北の子どもたちが「夢のある未来」に向かって健やかに歩めるよう、これからも応援してまいります。

【キャンペーン概要】
1.期間:3月9日(日)~3月11日(火)

2.実施店舗:全国2,300カ所のグループ店舗
 ※主な実施店舗
 GMS:「イオン」「ダイエー」
 SM:「マックスバリュ」「KOHYO」「マルナカ」「グルメシティ」「ピーコックストア」
 ディスカウントストア:「イオンスーパーセンター」「ザ・ビッグ」
 その他:「サンデー」、「イオン」「イオンモール」「イオンタウン」専門店

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング