Webを通じて価値を創造するWebコンテンツマネジメントソリューション「eZ Publish (イージーパブリッシュ) Enterprise」の販売を開始

PR TIMES / 2013年5月27日 10時20分

~ eZ Systems Japanとパートナー契約を締結 ~

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田和則、以下キヤノンITS)は、株式会社eZ Systems Japan(本社:東京都中央区、代表取締役 服部栄二郎、ノルウェー王国eZ Systems AS社の日本法人)とパートナー契約を締結し、Web Contents Management (WCM)ソリューション「eZ Publish Enterprise」の販売を開始します。



eZ Publish はWeb Contents Management ソリューションに分類されるもののひとつです。キヤノンITSでは、eZ Publishの商用ライセンス版であるeZ Publish Enterpriseの販売および、コンサルティング・開発・導入支援などを提供します。特にニーズの高い多言語対応、レコメンデーション、スマートフォン対応などの豊富な機能と、キヤノンITSが扱う各種ソリューションとを組み合わせて、Webサイトを活性化するトータルサービスとして提供します。

■ eZ Systems社およびeZ Publishについて
eZ Systems社は、オープンソース型の開発スタイルを特徴としたWeb Contents Management ソリューションeZ Publish、およびアドオン用ソフトウェアを提供しています。
商用ライセンス版であるeZ Publish Enterpriseはオープンソースのコストパフォーマンスの良さをいかしつつ、ソフト開発元であるeZ Systems社自身が公式サポートを提供する製品です。そのためユーザーは安心してビジネス利用できることから、海外ではヨーロッパを中心に各国の大手企業・行政機関・教育機関などに導入されています。
Gartnerが発行する「有望なWEBコンテンツマネジメントベンダー」レポート(2011)など、IT業界の調査会社が発行するレポートでも高い評価を受けています。最近では、コンテンツビジネスに特化した、米国のEcontent社が発行するWebマガジンにおいて、2011年、2012年と2年連続で、コンテンツビジネス・カテゴリーで世界トップの100社に選出されるなど、世界的に注目されているWeb Contents Management ソリューションです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング