マニュライフ生命、男子マラソン日本記録保持者・大迫傑選手による 「オンラインクリニック」を開催

PR TIMES / 2020年9月7日 17時15分

・ ニューノーマルな時代に生きる小中学生の未来を応援
・ 約170組の小中学生へ走る楽しさを伝え、「新しい選択肢」を考えるキッカケを提供



マニュライフ生命保険株式会社(取締役代表執行役社長兼CEO:吉住公一郎、本社:東京都新宿区、以下 「マニュライフ生命」)は、スポンサーシップ契約を締結している、プロランナーで男子マラソン日本記録保持者の大迫傑選手によるオンラインイベント「マニュライフ生命 presents 大迫傑オンラインクリニック」を9月5日(土)と6日(日)に開催しました。

9月5日(土)には、親子で学ぶ「走る・体を動かす楽しみ方」をテーマに、小学生とその保護者約35組が、6日(日)には「大迫トレーニングと進路のすすめ」をテーマに、中学生とその保護者約135組*がオンラインの「運動クリニック」に参加し、画面越しに見る大迫選手と一緒に体を動かし、自宅で行えるトレーニングを学びました。

小学生向けの「運動クリニック」の後は、大迫選手の小中学生時代のスポーツへの取り組みについてトークセッションがあり、その後に質疑応答の時間が設けられました。「緊張しない秘訣は?」との問いに「緊張していることを自分で認めるとリラックスします」、「足が速くなるには?」、「しっかり食べる、寝る、遊ぶ」とアドバイスしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/14784/166/resize/d14784-166-486812-0.png ]


中学生に向けては、大迫選手が自身の中学生から大学時代、プロランナーとして活動する現在までの経験を振り返り、参加者と一緒にアスリートの進路について考えました。大迫選手は、自身が進路に迷ったときは、最後に決めるのは自分、どうしたら最終的になりたい自分になれるのかという視点で決断してきたことを参加者に熱く語りました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/14784/166/resize/d14784-166-415003-1.png ]


マニュライフ生命はこれまでも、大迫選手と共に、小中学生や療養中の子どもたちとのランニングイベントを開催してきました。自身の可能性に挑み続ける大迫選手は、マニュライフ生命が提唱する、自分らしい、これからの生き方「Life 2.0」(ライフ 2.0)を体現しています。マニュライフ生命は、今後も大迫選手と共に、未来を切り拓いていく皆さまを応援してまいります。

<参考>
【開催概要】 名称:マニュライフ生命 presents 大迫傑オンラインクリニック

小学生向け

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/14784/table/166_1.jpg ]


中学生向け

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/14784/table/166_2.jpg ]



「Life 2.0」とは
人生 100 年時代と言われ、生き方や働き方が多様化する現在において、マニュライフ生命は、皆さまが自ら積極的に行動して未来を切りひらいていくことを応援していきたいと考えています。そして、自分らしい、これからの生き方を「Life 2.0」(ライフ 2.0)と名付けました。「Life 2.0」のかたちは、人それぞれです。マニュライフ生命は、保険会社ならではの多面的な発想と先を見通すプランニングで、皆さまの健康で豊かな「Life 2.0」の実現をお手伝いします。

マニュライフ生命について
マニュライフ生命は、カナダを本拠とする大手金融サービスグループ、マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーション(マニュライフ)のグループ企業で、2019 年、設立 20 周年を迎えました。プランライト・アドバイザー(自社営業職員)、金融機関、代理店の 3 つの販売チャネルを通じて、法人ならびに個人のお客さまへ、先進的な商品と質の高いサービスを提供しています。詳細はウェブサイト(www.manulife.co.jp)をご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング