食品メーカー4社による食物アレルギー協同取り組み「プロジェクトA」管理栄養士・栄養士のための「食物アレルギー講演会・試食会」実施のお知らせ

PR TIMES / 2019年8月23日 15時40分

9月28日(土)11時よりANAクラウンプラザホテル大阪にて実施

 食物アレルギー配慮商品を持つ食品メーカー4社【オタフクソース、永谷園、日本ハム、ハウス食品※五十音順】は、『食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現』に貢献することを目的に、食物アレルギー配慮商品の普及やレシピの協同開発、情報発信、啓発活動に取り組んでいます。わたしたちは、この協同取り組みを「プロジェクトA」と名付け活動しています。このたび、プロジェクトAでは、9月28日(土)11時よりANAクラウンプラザホテル大阪にて、管理栄養士・栄養士の方100名を対象とした「食物アレルギー講演会・試食会」を実施いたします。




 管理栄養士・栄養士の方々が日々活躍される現場(保育園、幼稚園、学校、病院など)において食物アレルギー対応が必須となりつつあり、食物アレルギーの知識や情報不足に対するお悩みの声が聞かれる現状にあります。
 この課題へのお役立ちを目指して、6月22日(土)に広島にて管理栄養士・栄養士の方約50名様を対象に「食物アレルギー講演会・試食会」を開催したところ、『今後の献立作成の参考にしたい』『また講演会の企画開催をしてほしい』『4社協同開発メニューは誰が食べてもおいしいメニューになっている』などのお声を複数頂戴しました。
 そこで今回は、別府大学 食物栄養科学研究科教授 高松 伸枝(たかまつ のぶえ)様にご協力をいただき、広島と同じく管理栄養士・栄養士の方々を対象とした講演会を大阪にて開催することにいたしました。少しでも多くの方にご参加いただきたいとの思いから、100名様をご招待いたします。
 高松 伸枝様は日本小児臨床アレルギー学会認定の小児アレルギーエデュケーターとしてもご活躍中で、大学での講義のほか、食物アレルギーに関する栄養相談や研修会講師などとして幅広く活動されています。当講演会では、『食物アレルギーに配慮した献立のポイント』についてお話しいただきます。
 また、本日8月22日(木)発表の4社協同開発「食物アレルギー配慮 秋レシピ」を含む「『加工食品の利便性とバリエーションの豊かさ』を活かしたメニュー」をご参加者の皆様、マスコミ関係者の皆様にご試食・ご賞味いただきます。

■ 講演会・試食会の概要 ■
日 時:2019年9月28日(土) 11:00~13:30
< スケジュール (予定) >
10:20~ マスコミ関係者様受付開始
10:40~ マスコミ関係者様向け 当日の流れの説明(任意)
11:00~ ご挨拶(概要説明、4社活動紹介)
11:15~ 講演『食物アレルギーに配慮した献立のポイント』
     別府大学 食物栄養科学研究科教授
     高松 伸枝(たかまつ のぶえ) 様
12:10~ 試食会場へ移動 ・ 試食開始
    「加工食品を活用した食物アレルギー配慮メニュー」
(13:15頃終了予定)

場 所:ANAクラウンプラザホテル大阪 3階万葉東/万葉西
   (大阪府大阪市北区堂島浜1丁目3-1)
    *大阪駅からホテルのシャトルバスをご利用いただけます
    ※なお、今回の試食メニューの調理場では、他のバンケットルーム向けのメニューも同時に調理しており  
     ます。


[画像1: https://prtimes.jp/i/20257/170/resize/d20257-170-964220-0.png ]

     別府大学 食物栄養科学研究科教授
     日本小児臨床アレルギー学会認定
     小児アレルギーエデュケーター高松 伸枝 (たかまつ のぶえ)様
     医学博士、教育学修士、管理栄養士。食物アレルギー児の食生活指導のための栄養   
     食事指導の方法論確立と、患者に負担の少ない免疫療法、食事・生活指導に生かす
     ためのアレルゲン解析を行っている。各種学会、他委員など歴任。関連著書


【 食物アレルギー配慮 秋レシピ ~行楽シーズンの秋にぴったりな『わくわく弁当』】 ※一部紹介
[画像2: https://prtimes.jp/i/20257/170/resize/d20257-170-296576-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/20257/170/resize/d20257-170-928869-2.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/20257/170/resize/d20257-170-738201-3.jpg ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/20257/170/resize/d20257-170-457665-4.jpg ]

 


『食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現』に貢献することを目的に、4社によるプロジェクトAは、これからも協同で食物アレルギー配慮商品の普及や情報発信、啓発活動に取り組んでいきます。

[画像6: https://prtimes.jp/i/20257/170/resize/d20257-170-712703-5.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング