【イベントご案内】ユニセフ・ウクライナ事務所 杢尾代表報告会 『翻弄される子どもたち』 4/17(木)18:30-20:00

PR TIMES / 2014年4月2日 11時50分



公益財団法人 日本ユニセフ協会は、4月17日(木)、ユニセフハウス(東京都港区)
で、ユニセフ・ウクライナ事務所杢尾雪絵代表による現地報告会を開催いたします。
クリミア進攻・併合で緊迫した情勢が続くウクライナ。目に見えるような“人道危機”
は大規模に起きていないものの、先行きが不透明な状況下で、多くの子どもたちが
治安や暴力の増大への不安を感じているといいます。

当日はクリミア情勢が及ぼしている子どもたちへの影響、中所得国が占めるCEE/CIS
諸国でのユニセフの活動と若者や子どもを巡る問題について報告いただく予定です。
つきましては、本報告会へのご出席ならびに開催のご案内にご協力をいただきたく、
お願い申し上げます。


* * *


1991年のソ連崩壊に伴い、ウクライナが独立をして20年余り。豊富な天然資源を有し、
豊かな国土を持ちながらも、政治的混乱が続くウクライナ。政治や経済のしくみが
激動する中で、その影響を最も受けているのは子どもたちです。

3月に起きたクリミア進攻・併合は、クリミアの子どもたちのみならず、ウクライナ
の子どもたち、親たちにも先行きの不安から、心に大きな影を落としているとの調査
結果が出ており、ユニセフは心のケアが急務であると訴えています。


一方で、ウクライナはヨーロッパ内では
HIVの感染者が4,345人(うち192人が
子ども)と、ヨーロッパ内では感染率が
最も高く(成人のHIV感染率0.9%:
ユニセフ『世界子供白書2014統計編』)、
今回の混乱で治療が受けられなくなる
ことが懸念されています。また、
CEE/CISでは、子どもの養育放棄の割合も
高く、他の地域と比べて社会的擁護の
必要性も高くなっています。

中所得国が占めるCEE/CISでは、子ども
たちの状況と課題やユニセフの役割は、
開発途上国とは大きく異なります。
CEE/CISで10年以上に渡り、ユニセフの代表
として子どもたちの支援活動を行ってきた杢尾代表。当日は、今回の情勢がクリミア
やウクライナの子どもたちに与えた影響から、CEE/CISでの子どもたちを巡る問題、
ユニセフの活動について報告する予定です。


+ + +

ご多忙と存じますが、本報告会にご参加・ご取材いただきたく、ご案内申し上げます。


●ウクライナ現地報告会 『翻弄される子どもたち』●


日時:2014年4月17日(木)18時30分~20時00分(開場:18時00分)
場所:ユニセフハウス1階ホール
(〒108-8607 東京都港区高輪4-6-12 JR品川駅または都営浅草線高輪台駅より徒歩7分)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング