飲食店の経営課題を一気に解決!スマホでメニューオーダー! 「中国火鍋専門店 小肥羊」(iOS/Android対応)をリリース

PR TIMES / 2014年3月26日 17時4分

~飲食店において自身でメニューオーダーが出来る、 日本初※1のBeaconを利用した飲食店向けスマートフォンアプリ~

株式会社ウェブクルー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡邊久憲)は、飲食店で自身のスマートフォンからメニューオーダーが出来るアプリケーション、「中国火鍋専門店 小肥羊」(iOS/Android対応)の提供を開始しました。
本アプリはBluetooth LEのBeacon※2を利用した飲食店向けサービスとなっており、第一弾を株式会社小肥羊ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:青山浩)運営の「中国火鍋専門店 小肥羊 品川店」に導入を完了し、順次店舗を拡大していく予定です。




■開発背景

現在、飲食業界では、リーマンショック以前の水準まで景気が回復してきている一方、人材育成・活用の効率化・顧客サービスの充実が、経営課題として表面化してきています。飲食店の経営上の課題として挙げられるのは「人材の確保・育成・活性化」と「接客サービスの充実」がトップ※3となっており、効果的なソリューションが求められている状況です。
そこでアプリオーダー機能により注文の効率化、人員の削減を実現し、飲食店の経営課題にアプローチ、顧客満足度および顧客単価の向上につなげるアプリケーションを開発しました。
2014年2月末までに小肥羊単独店舗での実用実験を完了し、飲食店と顧客の新たなコミュニケーションを構築することにより「注文の効率化」「人員の削減」「顧客単価の向上」「顧客満足度の向上」の可能性を確認するに至っています。
※1 日本国内の飲食店で実用化されているメニューオーダーが可能なiPhone、Androidアプリにおいて。2014年3月26日現在(ウェブクルー調べ)。
※2 Beacon: iBeaconなどのBluetooth LE(Bluetooth Low Energy)を使用した近距離無線通信。発信専用端末としてBeaconモジュールを設置し、スマートフォンなどの機器で受信することで、データのやり取りを行う。
※3 TOPICS - 日経レストラン ONLINEより

■アプリの効果と特徴

【効果】
店舗スタッフの動作コストを大幅に省くとともに、メニュー注文時に発生する「店舗スタッフを呼ぶ・待つ」などといったお客様のストレスになる行動を大幅に軽減。顧客満足度の向上が期待できます。また、自分のペースで注文ができるほか、アプリ経由での注文に限定した特典を用意できるため、顧客単価の向上を見込めます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング