【プレスリリース】フィリピン台風から半年 長い復興への道のりに明るい兆し

PR TIMES / 2014年5月7日 15時9分

被災した子どもたちは590万人



※本信は ユニセフ・フィリピン事務所の発信を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
編集したものです
※原文をご入用の際は 広報室(後述)までお問い合わせください


【2014年5月7日 タクロバン/マニラ フィリピン発】
フィリピン中央部を襲った台風30号から半年を迎え、被災地では、復興への兆しが見え
始めています。ユニセフはこの半年で、子どもたちが再び学校に通えるようにし、
予防接種を行い、100万人に安全な水を供給しました。

ユニセフ・フィリピン事務所代表のロッタ・シルワンダーは「被災した人は1,400万人、
そのうち590万人が子どもたちで、400万人が家を失いました。助かった方々の生活再建を
支援することは、大変なことです」と述べました。病気の感染拡大と栄養不良を予防
するために、被災直後から、ユニセフは直ちに専門家とリソースを投入し、子どもと
家族を支援しました。

「台風30号のような大災害の余波は、台風による影響を受けた子どもや家族にさらなる
打撃を与えるため、ユニセフはパートナー団体と共に現場の取り組みを直ちに拡大すべく
活動しました。8万人の子どもたちに予防接種を行い、100万人が安全な水を使えるようにし、
心に負った傷を乗り越えられるように、2万5,000の人の子どもたちに心のケアを行いました。
また、子どもたちができるだけ早く学校に戻れるようにし、4万7,000人の子ども
たちに学用品を提供しました」 とシルワンダー代表は続けました。


この半年間のユニセフの主な活動は以下の通りです。

<水と衛生>
・水源の復旧を支援
・水キットや水処理製品、巨大な貯水用タンク、貯水用容器の提供や地域の給水
システムの修復を通じて、100万人以上が安全な水が使用可能
・約10万人がトイレを使えるように支援
・下痢など子どもがかかりやすい病気を予防するために、ユニセフとパートナー団体は
衛生用品を学校に通う子どもたち45万人以上に提供


<教育>
・ユニセフとパートナー団体は、被災地の就学前また学齢期の子どもたち47万人に
学用品を提供
・学用品や教具がセットとなった「箱の中の学校」やレクレーションのための道具、
乳幼児向けのおもちゃなどがある「臨時学習スペース」を1,351カ所設置
・このスペースを約13万5,000人が利用
・災害リスク削減や緊急事態下での教育の継続など、緊急事態に関わる研修を約900の
教育サービス団体に実施

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング