「タケオキクチ」ブランドデビュー30周年 “上質化・大人化”で新たなステージへ

PR TIMES / 2014年6月18日 10時58分



株式会社ワールドが展開するメンズブランド「TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)」は、2014年秋、ブランドデビュー30周年を迎えるのを機に、“上質化・大人化”をキーワードに商品、広告宣伝、店舗での打出しを進化させ、メンズブランドとしての価値をより一層高めてまいります。
「タケオキクチ」は1984年にワールドに移籍した菊池 武夫によってデビューし、デザイナーズブランドの先駆けとして、時代の変化と共に常に新たな角度でメンズファッションを表現してきました。明確なブランドイメージと、メンズファッション界の第一人者として活躍の場を広げ続けてきた菊池 武夫のカリスマ性で、誕生から30年を経ても、多くのお客様に愛され、確固たるポジションを築いています。

【“上質化・大人化”をキーワードに、ブランドの魅力を深く伝える】
ターゲット年齢を、これまで愛用頂いていた団塊ジュニア世代の成長と共に、40代を中心とする大人の男性に引き上げ、昨今の百貨店におけるメンズマーケットでニーズが高まる、価値の高い商品を提案します。スーツやジャケットはインポート素材を中心に上質感のある素材を多数揃え、体型変化に応じてサイズも拡充するほか、カジュアルアイテムにおいても全ての商品を対象に40代の男性を想定したシルエットの見直しを行います。
広告宣伝では、秋冬からファッションムービーをシーズン毎に制作し、店頭やオフィシャルサイトを通じてメインターゲットである40代の大人の男性に対して、洗練されたスタイリングを提案すると同時に、20代、30代にとっては憧れのブランドとしてプレステージの高さを表現し、共感を得られるブランドを目指します。

【9月より30周年記念コラボレーションアイテムを販売】
「タケオキクチ」がこれまで関わりを持ったブランドから新たな取組みまで、9月より2ヶ月毎にテーマを決めて「30周年記念コラボレーションアイテム」を発売します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング