【ホテルオークラ東京】ロイヤルスウェーデン グルメ フェスティバル with Grand Hôtel Stockholm

PR TIMES / 2013年12月21日 10時10分

スカンジナビアの伝統料理「スモーガスボード」本場の味を召し上がれ!「グランドホテル ストックホルム」よりエグゼクティブシェフが来日

ホテルオークラ東京(代表取締役社長 清原當博)では2014年3月5日(水)~11日(火)までの7日間、スウェーデン唯一のLeading Hotels of the World(LHW)加盟ホテルであるGrand Hôtel StockholmよりエグゼクティブシェフのMr. Andreas Asklingを招聘し「スウェーデン グルメ フェスティバル with Grand Hôtel Stockholm」を欧風料理「オーキッドルーム」にて開催いたします。



近年、家具をはじめとするインテリアや雑貨など、北欧のライフスタイルが注目を集め、その存在がより身近になってきている中、食文化からも北欧をお客様に知っていただきたいという思いから、今回スカンジナビア料理の伝統的なスタイルである「スモーガスボード」を堪能できる機会をご用意いたしました。「スモーガスボード」は北欧の様々な伝統料理を一度に味わえることが特徴で、サーモンやニシンなどを代表とする海に囲まれた北欧ならではの豊富で新鮮なシーフードをはじめとする食材を堪能することができます。スウェーデンでは夏至祭やルシア祭と呼ばれるクリスマスなどのお祭りに欠かせないもので、1700年代より始まったといわれております。Grand Hôtel Stockholmでは3~11月の間スウェーデン伝統料理のレストラン「Veranda」で提供されており、国内はもとより、スウェーデンを訪れる観光客からも定評があり、スモーガスボードの代名詞とも言われるレストランです。

Royal Sweden Gourmet Festivalでは、平日はコースメニューの中から前菜をスモーガスボードとしてご用意し、ニシンの酢漬けやお馴染みのミートボール、日本では珍しいスウェーデン産のチーズなど約10種類をご提供いたします。また土・日・祝日の「サタデー・サンデー&ホリデーブッフェ」ではスモーガスボードとして、北欧ならではの前菜、メイン料理、クラウドベリーを使用したデザートとオーキッドルーム特製のブッフェ料理を含む約40品をご用意。王室御用達シャンパン「アンドレ・クルエ シルバー・ブリュット」や北欧のスピリット「アクアヴィット」と共にお愉しみいただけます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング