■建築事業 海外進出第二弾  インドネシア共和国のパートナー企業の株式取得

PR TIMES / 2012年11月30日 12時34分

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2012年11月30日、インドネシア共和国のマヌンガルグループの不動産開発会社アルゴ マヌンガル ランド ディベロップメント※1(以下、AMLD社)より、AMLD社の子会社で工業団地の開発・造成を行っているブカシ ファジャール インダストリアル エステートの株式の約10%(約10億株)を取得しました。
 



 今後当社は、2013年よりBEST社が西ジャワ州ブカシ地区にて開発中の工業団地事業に参画し、地域の活性化を図っていきます。
また、当社グループが保有する経営資源(建築物の調査、設計、施工、建物の管理・運営に関するノウハウ)を組み合わせ、海外で工場や物流施設等を検討されている日系企業様や世界各国の企業様に対して誘致活動を行っていきます。
※1.正式名称:PT Argo Manunggal Land Development

2.開発中の工業団地について
 「ブカシ ファジャール インダストリアル エステート(以下、BFIE)」は、ジャカルタの中心地より東に約25kmの西ジャワ州ブカシ県チビトン地区にあり、企業の製造拠点や物流拠点など事業展開に沿った大型施設の新設が可能な工業団地です。
 開発中(開発済・開発予定地含め)の工業団地の総面積は東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランド・東京ディズニーシー:約100 ha)の約13倍の1,350haです。
 ジャカルタ-チカンペック高速道路「チビトン インターチェンジ」から約3.5 km、ジャカルタの中心地(スマンギ)まで約25km、インドネシアの最大級のコンテナ取扱量を誇る国際商業港湾「タンジュンプリオク港」まで約40km、「スカルノハッタ国際空港」まで約50kmとアクセスしやすい絶好の場所に位置しています。
 また、近隣には日本の商社が開発に関わった「MM2100」や「イーストジャカルタインダストリアル」、「グリーンランドインターナショナルインダストリアルセンター」等の工業団地があり、多くの日系企業が進出しています。

●開発予定の工業団地の概要  
(1)名  称 「ブカシ ファジャール インダストリアル エステート」
(Bekasi Fajar Industrial Estate:略称 BFIE)
(2)所 在 地 インドネシア共和国西ジャワ州ブカシ県チビトン
(Cikarang Barat, Bekasi 17520, West Java, Indonesia)
(3)アクセス ジャカルタ-チカンペック高速道路「チビトン インターチェンジ」
より車で約3.5 km(車で約4分)
・ジャカルタの中心地まで約25km(車で約40分)
・ブカシの中心地まで約10km(車で約15分)
・タンジュンプリオク港まで約40km(車で約110分)
・スカルノハッタ国際空港まで約50km(車で約120分)
(4)総開発面積 1,350ha(4,083,750坪)
(5)土地権利 土地建設権(HGB)
他者が購入した土地に建物を所有する権利。30年に加えて、20年の延長とさらに30年の更新が可能。(最大80年間まで)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング