POPUPイベントで話題沸騰!赤い下地の上にヌードカラーを重ねる新提案“鮮やか。なのに、浮かない。“「ケイト レッドヌードルージュ」 誕生

PR TIMES / 2020年1月16日 10時45分

2020年5月1日(金)発売 2月1日(土)先行発売・店舗限定



[画像1: https://prtimes.jp/i/16220/264/resize/d16220-264-577120-0.jpg ]

カネボウ化粧品のメイクアップブランド『KATE(ケイト)』は、鮮やかな赤い下地にヌードカラーを重ねて"自分だけの赤"をつくれるクリームタイプの口紅「ケイト レッドヌードルージュ」を2020年5月1日(金)より発売いたします。これに先駆け、2020年2月1日(土)には、全国のKATE取り扱い店舗のうち、約500店限定での先行発売いたします。
https://www.nomorerules.net/pickup/red_nude_rouge/

◆大好評のポップアップイベント「真実の唇。」展開催
このたび、新ルージュの発売に先駆けて、いち早く商品を体験できるポップアップイベント「真実の唇。」展を、東京・京都の2会場で開催しました。同展では、新ルージュを象徴する「赤」に染まった空間で、唇研究の秘密を解き明かすプロジェクションマッピングや、新ルージュの体験ディスプレイ、シミュレーターによるリップカラー診断など実施。東京会場は、2019年12月21日(土)~12月25日(水)の5日間、京都会場は2020年1月9日(木)~1月12日(日)の4日間にわたり開催し、総来場者数7000名を超える方にご参加いただき、好評を博しました。

◆来場者からは、「赤を下地にするなんて楽しい」「自分好みの色が簡単につくれる」など、大好評。
両会場のブースで、新ルージュを来場者にお披露目。訪れた美容感度の高い女性たちに新ルージュをいち早くお試しいただきました。体験した方からは「赤を下地にするなんて楽しい」「ヌードカラーを重ねて自分好みの色が簡単につくれる」など多くの声があがりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/16220/264/resize/d16220-264-736885-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/16220/264/resize/d16220-264-449089-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/16220/264/resize/d16220-264-657726-3.jpg ]


【商品情報】
[画像5: https://prtimes.jp/i/16220/264/resize/d16220-264-597455-4.jpg ]

鮮やかな赤い下地にヌードカラーを重ねて、
自分に色を合わせる
2色パレットのクリームルージュ。
ケイト レッドヌードルージュ  全8種
◆チップ付き ◆ミラー付コンパクトケース

「赤」を変える。
赤い下地の上にヌードカラーを重ねる新提案。
鮮やかな赤いルージュを塗りたい。
途絶えることのない、美しい赤ルージュの欲望に、KATEは向き合った。
2020年春、新たに提案するのは、KATE史上これまでにない高純度発色の赤。
そして、その上にヌードカラーを重ねてなじませていく。
すると訪れる、自分にピタッとハマる瞬間。
それこそが、あなただけの赤。鮮やか、なのに、浮かない。

<商品特長>
・鮮やかさと高保湿を実現する“バーム由来処方”
カネボウ化粧品従来のリップバーム処方を応用し開発された新処方。唇の赤を再現すべく、より高い純度の発色を求めて、より多くの色材と色を均一に美しく見せる透明性の高いペーストを配合。これにより、鮮やかな美しい仕上がリと高い保湿力の両方を叶えます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/16220/264/resize/d16220-264-678886-5.jpg ]


・鮮やか。なのに、浮かない。自分に似合わせられる、かけ合わせのメイク手法
濁りのない鮮やかな赤い下地で効果的に唇のくすみカバーし際立たせ、赤を補整する絶妙なバランスのヌードカラーを重ねることで、自分にピタッと似合う赤をつくることができます。

<使用方法>
色も仕上がりも思いのまま。重ねる量を変えれば、アレンジ自在。
[画像7: https://prtimes.jp/i/16220/264/resize/d16220-264-404546-6.png ]


<カラーバリエーション>
青み系カラーの高純度赤下地と黄み系カラーのヌードカラー。
[画像8: https://prtimes.jp/i/16220/264/resize/d16220-264-117029-7.jpg ]

重ね方次第で、唇や肌の色を選ばずどの色にも自分に似合わせることができる。
[画像9: https://prtimes.jp/i/16220/264/resize/d16220-264-253555-8.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング