衝撃の「暴露」まで、あと30日!世界が激震した「スノーデン事件」の真相を、ついに本人が語る「告白本」11月30日刊行。発売をひかえ、内容の一部を無料公開開始!

PR TIMES / 2019年10月30日 17時45分

「あなたが本書を読む理由は、ぼくが“危険なこと”をやったからだ。ぼくは真実を語ることにした。」

河出書房新社(東京都渋谷区/代表取締役社長小野寺優)は、『スノーデン 独白 消せない記録』を11月30日発売いたします。また、それに先駆けて、本書内容の一部について、無料ウェブ公開を開始いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12754/276/resize/d12754-276-832761-0.jpg ]


「アメリカ政府が訴訟を起こしてくれるなんて、まさにこれ以上ありえないほど、本書の正当性を証明してくれるものだ」(著者Twitterより)

2013年、アメリカ政府の「大量監視システム」が暴かれ、世界が激震した「スノーデン事件」。
当時29歳のエドワード・スノーデンは、自らの危険を顧みず、アメリカ政府があらゆる通話、SMS、メールを秘密裏に収集しようとしていることを告発し、世界最強の諜報組織・NSAとCIAを敵に回しました。
あれから6年。スノーデンが、いかにこのシステム構築に手を貸し、なぜそれを暴露しようとしたのかを、自ら初めて語る待望の自伝『Permanent Record』(原題)が、2019年9月刊行され、全世界の大きな注目を集めています。
本書の日本語版『スノーデン 独白 消せない記録』は、河出書房新社より2019年11月30日、全国書店で発売となります。既にSNSを中心に「発売が待ち遠しい」など、多くのご注目をいただいており、このたび、ご期待の声にお応えして、本書収録の内容から、スノーデン自身による序文を、無料にてWEB公開いたしました。
日本語版発売までおよそ30日と迫った今、「スノーデン事件」の本当の意義、本書が今後の世界に与えるインパクトについて、世界的な潮流を知る上で、大変参考になる内容となっています。
日本のみならず世界中の大きな反響を集める本書に、ぜひご注目下さい。


魅了される……スリラー小説のようだ……
プライバシーと言論と憲法について、スノーデンの物語はその本当の意義を明らかにする。
──ニューヨークタイムズ

壮絶な決意につながる体験談は、その家族の出自などの細部とあわせて、彼が売国奴だという糾弾に対する強力な反証となる。
──ガーディアン

読む手が止まらない……
スノーデンはCIAやNSAの内部の仕組みと、それがもたらすと彼が考える災厄について、わかりやすく説得力をもって語る才能を示す。
──ワシントン・ポスト


「はじめに」全文公開中
http://web.kawade.co.jp/bungei/3030/

『スノーデン 独白 消せない記録』公式ウェブサイト
http://www.kawade.co.jp/snowden/


[画像2: https://prtimes.jp/i/12754/276/resize/d12754-276-832761-0.jpg ]


●書誌情報●

スノーデン 独白
消せない記録

エドワード・スノーデン 著
山形 浩生 訳

A5判並製/400ページ
ISBN:978-4-309-22786-3
発売日:2019.11.30
定価:1,900円(+税)


一般市民を対象にした《大量監視システム》の存在を暴き、世界最強の諜報組織を敵に回した、エドワード・スノーデン。9・11以後、暴走しはじめる諜報組織の中心部でキャリア形成した彼が突きとめた《秘密》、そして《葛藤》と《決断》とは──
過去に例を見ない第一級のドキュメント。

身を挺してアメリカ政府の大量監視システムを暴露したエドワード・スノーデンが、そのシステム構築への貢献や、その打倒を決意した理由まで、人生のすべてを初めて語る。
2013年に29歳のエドワード・スノーデンは、アメリカ諜報当局と決別し、アメリカ政府があらゆる通話、SMS、メールを秘密裏に収集しようとしていることを暴いた。これは全人類の私生活をのぞける、空前の大量監視システムとなってしまうものだった。その6年後、スノーデンは、自分がいかにこのシステム構築に手を貸し、なぜそれを暴露しようとしたのかを初めて語る。
子供時代の牧歌的なベルトウェイ地域郊外から、成人後の秘密のCIAやNSA勤務まで、本書はオンラインで育った優秀な若者の驚異的な人生を描く──その若者がやがてスパイとなり、内部告発者となり、そして亡命後はインターネットの良心となる。ウィットと優雅さと不動の率直さで書かれた本書は、このデジタル時代の重要な回想であり、古典となるべく運命づけられている。

●プロフィール●
[画像3: https://prtimes.jp/i/12754/276/resize/d12754-276-665113-1.jpg ]


エドワード・スノーデン(Edward Joseph Snowden)

ノースカロライナ州エリザベスシティで生まれ、メリーランド州フォートミードの影で育つ。システムエンジニアとして訓練を積み、CIA職員となって、NSA契約業者として働く。その公共サービスのために無数の賞を受賞。たとえばライト・ライブリフッド賞、ドイツ告発者賞、真実表明ライデンアワー賞、国際人権連盟からのカール・フォン・オシエツキー・メダルなど。現在は報道の自由財団理事会の議長を務める。
Photo(C)Lindsay Mills 2018


山形浩生(やまがた・ひろお)

1964年、東京生まれ。東京大学大学院工学系研究科都市工学科およびマサチューセッツ工科大学大学院修士課程修了。大手シンクタンク勤務の頃から、幅広い分野で執筆、翻訳を行う。著書に『新教養主義宣言』『たかがバロウズ本。』ほか。訳書に、クルーグマン『クルーグマン教授の経済入門』、ショート『ポル・ポト』ほか。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング