【セミナーご案内】自動車における制振・吸音・遮音・断熱材の高性能化技術動向 10月11日(木)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

PR TIMES / 2018年9月11日 10時1分

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: http://cmcre.com/ )では、車載部品や材料を含む各種材料・化学品などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「自動車における制振・吸音・遮音・断熱材の高性能化技術動向」と題するセミナーを、 講師に谷本隆一 氏(愛知工業大学 工学部 機械学科 教授)をお迎えし、2018年10月11日(木)13:30より、 『ちよだプラットフォームスクエア』5階503会議室(千代田区錦町)で開催いたします。 受講料は、 一般:48,000円(税込)、 弊社メルマガ会員:43,000円(税込)、 アカデミック価格は25,000円となっております(受講料には資料代を含みます)。
セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!
  http://cmcre.com/archives/34817/
質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。



 自動車の制振・遮音・吸音、断熱性能の基礎理論をわかりやすく紹介します。つぎに、その事例として、エンジンから発生した音が床下で音響増幅、また一重壁・内装材を透過し車室内に侵入し、吸音特性を経て車内音となるメカニズムと対策例をわかりやすく紹介します。さらに、ヒートブリッジ、ウレタンフォーム断熱性能経時劣化等の調査を行い、自動車用断熱材に必要な性能と技術動向を明らかにします。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テーマ:自動車における制振・吸音・遮音・断熱材の高性能化技術動向
開催日時:2018年10月11日(木)13:30~16:30
会 場:ちよだプラットフォームスクウェア 5F 503
    〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
参 加 費:48,000円(税込) ※ 資料代含
    * メルマガ登録者は 43,000円(税込)
    * アカデミック価格は 25,000円(税込)
講 師:谷本隆一 氏 愛知工業大学 工学部 機械学科 教授

2)申し込み方法
以下の↓シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイトからお申し込みください。
  http://cmcre.com/archives/34817/
折り返し、 聴講券、 会場地図、 請求書を送付いたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/12580/284/resize/d12580-284-936287-0.jpg ]


3)セミナープログラムの紹介
第1部 制振、吸音・遮音、断熱の基礎理論
(1) 制振の概要
(2) 吸音・遮音の概要
(3) 断熱の概要

第2部 自動車における車内音低減と遮音・吸音技術の概要
1.遮音・吸音基礎理論
 1.1 遮音理論の基礎、吸音理論の基礎をわかりやすく紹介
 1.2 自動車の車内騒音寄与度解析結果

2.音響増幅防止による車内音改善
 2.1 エンジンルーム内の音響増幅と車内音
 2.2 共鳴型サイレンサーの開発事例

3.一重壁パネルの遮音性改善
 3.1 ステフネス、質量則、コインシデンスと透過損失
 3.2 エンジンカバーの遮音性改善事例

4.内装材の遮音性改善
 4.1 カーペット、フェルトなどの振動伝達比と車内音低減効果
 4.2 共振型カーペット(遮音材)の開発事例

5.吸音対策
 5.1 室定数と車内音低減効果、室定数測定方法
 5.2 吸音シート、吸音天井の開発事例

6.音色の改善(強制力対策)
 6.1 自動車における気になる音(ごろごろ音)
 6.2 エンジン懸架系、吸排気系、エンジン本体の改良による音色の改善
 6.3 次世代電気自動車のモーター騒音低減

第3部 自動車用高性能断熱材の開発と材料・技術動向
 1.自動車・冷凍車の冷えに関する市場調査 (断熱材)
 2.高断熱自動車の開発と付随する技術・断熱素材の動向
  2.1自動車からの熱逃げ料の定量・予測技術の開発
  2.2 自動車用断熱材の基礎と必要な性能について
   2.2.1 発泡樹脂
   2.2.2 発泡ウレタンフォーム
   2.2.3 断熱繊維
   2.2.4 VIP(真空断熱材)
  2.3 上記材料等を用いた冷凍車の開発

質疑応答・名刺交換

4)講師のご紹介
谷本隆一 氏 愛知工業大学 工学部 機械学科 教授

【講師経歴】
1978年3月 大阪市立大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 修士課程修了
1978年4月 トヨタ車体(株) 入社
2008年12月 トヨタ車体(株) 定年退社
2009年1月 愛知工業大学 工学部 機械学科 教授 ~ 現在に至る

【研究歴】
ワンボックスカーの振動騒音開発、高断熱冷凍車の開発等

【所属学会】
日本機械学会、自動車技術会

5)セミナー対象者や特典について
★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、 地方公共団体、 および学校法人格を有する大学、 大学院の教員、 学生に限ります。
★ 2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、 2人目以降はメルマガ価格の半額です。

●セミナー対象者
吸音、遮音、断熱理論と応用を学びたい方、自動車の振動騒音、断熱性能に興味のある方

●セミナーで得られる知識
自動車の吸音、遮音、断熱理論と対策例、応用

☆詳細とお申し込みはこちらから↓
  http://cmcre.com/archives/34817/

6)関連セミナーのご案内
☆開催予定のセミナー一覧はこちらから!↓
  http://cmcre.com/archives/category/seminar/seminar_cmc_f/

7)関連書籍のご案内
(1)車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
   http://cmcre.com/archives/35142/
  ■ 発  刊:2018年9月30日発行予定
  ■ 著  者:鵜飼育弘
  ■ 定  価:100,000円 + 消費税
    ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
  ■ 体  裁:A4判・並製・約170頁・カラー
  ■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ

 ☆詳細とお申し込みはこちらから↓
   http://cmcre.com/archives/35142/

(2)ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
   http://cmcre.com/archives/34453/
  ■ 発  刊:2018年6月30日
  ■ 定  価:冊子版  100,000円 + 消費税
    冊子 + PDF  130,000円 + 消費税
    ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
  ■ 体  裁:A4判・並製・201頁
  ■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
    ISBN 978-4-904482-48-3

  ☆詳細とお申し込みはこちらから↓
    http://cmcre.com/archives/34453/

(3)自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
   http://cmcre.com/archives/33138/
  ■ 発  刊:2018年4月12日
  ■ 定  価:90,000円 + 消費税(付属CD付)
    * 書籍の写真はモノクロ
    * CD(PDFファイル)の写真はカラー
    ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
  ■ 体  裁:A4判・並製・370頁
  ■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
  ISBN 978-4-904482-46-9

  ☆詳細とお申し込みはこちらから↓
    http://cmcre.com/archives/33138/

☆発行書籍の一覧はこちらから↓
http://cmcre.com/archives/category/cmc_all/

                                     以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング