【報道参考資料】ガザ地区情勢レポート 功刀(くぬぎ)特別代表「直ちに必要なのは水と衛生、心のケア」

PR TIMES / 2014年7月16日 14時49分

インタビュー受付中/心のケアが必要な子ども2万5,000人



※本信は ユニセフ・パレスチナ事務所の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
独自に編集したものです
※原文をご入用の際は 広報室(後述)までお問い合わせください


【2014年7月15日 エルサレム発】

7月15日時点でのガザ地区の状況とユニセフの取り組みなどをご紹介します。


■水と衛生
・空爆で、水の運搬路、上下水道管が損傷、すでに過稼働だったガザ地区の水と衛生
システムにさらに影響
・地元行政の水運搬担当者3人が業務中に殺害され、行政はすべての定期業務と修繕
を停止
・電力については、エジプトからの1ライン、イスラエルからの3ラインが損傷
・ガザ市では75%で電力が供給されず、地下水の汲み上げにも大きな影響
・非常用の発電装置を稼働させるには燃料とモニタリングが必要だが、燃料が不足
・下水処理システムの40%は稼働しておらず、その割合は数日内でさらに増加する
見込み
・下水が水道管に漏れあふれる恐れがあるほか、下水処理プラントが稼働しなければ、
水に起因する病気が増える恐れも

・飲料水が手に入らなくなる恐れのある人は60万人
・稼働できない下水処理システムの割合は40%
・電力の供給停止や水インフラへの被害でガザ市で水道水を利用できない人は40万人

<ユニセフの取り組み>
・大人用の衛生用品の詰め合わせ1,500セット(3,000人分)、乳児用の衛生用品の
詰め合わせ1,000セットを備蓄
・自宅を離れたり、親族のもとへ避難している人などに、衛生用品の詰め合わせを
届ける (目標1,255世帯)
・水を利用できない人に、トラックで水を運搬予定
・浄水に必要な薬品の提供予定
・水と衛生設備の被害状況、修理の必要性の調査の実施予定(治安の関係で延期中)


■子どもの保護
・7月14日時点で、空爆によるガザ地区での
子どもの死者は少なくとも35人、負傷者は296人
・報道によると、イスラエルでもロケット弾で複数の子どもが負傷とのこと
・ガザ地区で喫緊に心のケアを必要としている
子どもは2万5,000人
・ユニセフの支援を受けた緊急チームが面会
した子どもたち全員が極度の不安と恐怖の
徴候を見せている
・避難生活を送る人は数千人で、UNRWA
(国連パレスチナ難民救済事業機関)が運営
する学校20カ所には1万7,000人が避難

<ユニセフの取り組み>
・危険な時にどのように子どもを守るかをまとめた保護者向け冊子6万冊を用意
・不発弾への注意を呼びかけるラジオスポット4本を制作
・パレスチナ民主主義紛争解決センターに支援を行い、5つの緊急心理ケアチームが、
今後、少なくとも子どもと保護者
2万5,000人に心の支援を実施予定、これまでに262回の訪問で302人以上の子どもを
支援(7月13日時点)
・引き続き、現在の情勢が与える子どもへの影響をモニタリング
・自身のコミュニティで保護的な環境下で安心して子どもと家族が心のケアなどを
受けられるよう、ファミリーセンター21カ所を再稼働予定
・保護者向けに、不安を感じる子どもへの対処法を伝えるためSMSを配信予定

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング