高光束タイプの直管形LEDランプが登場、「EVERLEDS」Hf32形高出力器具相当の明るさの直管形LEDランプ搭載ベースライト 新発売

PR TIMES / 2012年7月30日 12時1分



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、一般社団法人 日本電球工業会による直管形LEDランプの規格(JEL801)に準拠し、安全性に配慮した口金システム(GX16t-5)を採用した直管形LEDランプの高光束(3400 lm)タイプ2品番を新開発。このランプを搭載可能なHf32形高出力器具相当の明るさの「直管形LEDランプ搭載ベースライト(起動方式LHタイプ)」124品番(2品番の高光束ランプとの組み合わせ品番数)を2012年8月20日より発売します。

▼LED照明エバーレッズシリーズサイト
http://www2.panasonic.biz/es/everleds/


本製品は、パナソニック株式会社 エコソリューションズ社従来品Hf32形蛍光灯照明器具高出力タイプと比較した場合、ほぼ同等(約90%)の明るさで約27%(※2)の省エネが可能になります。視作業を伴うオフィス・学校・工場など、一定の明るさが求められる空間の省エネリニューアルにお薦めです。

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社の直管形LEDランプ搭載ベースライトは、GX16t-5口金システムを採用しているため、省エネに加え、安全・安心が求められる官公庁やオフィス、店舗、駅舎などを中心に採用され、ご好評を頂いています。既発売の1200 lm、1400 lm、2000 lm、2400 lmに加え、新たに3400 lmの5タイプ(※3)のランプを品揃えすることによって、FL20形からHf32形蛍光灯までの幅広い明るさでのLED省エネリニューアルが可能になりました。これにより、既発売製品を含む照明器具203品番とランプ16品番の組み合わせが可能となり、直管形LEDランプ搭載ベースライト全体で、合計1,258品番の組み合わせが実現。用途に応じて、選択肢が広がります。


<特長>
(1) パナソニック株式会社 エコソリューションズ社従来品Hf32形蛍光灯照明器具高出力タイプとほぼ同等(約90%)の明るさで、約27%(※2)の省エネ
(2)用途に応じた器具スタイルを多数品揃え
(3) 起動方式LHタイプの器具は、従来2400 lmタイプとの組み合わせも可能


※1 ランプは別売
※2 パナソニック株式会社 エコソリューションズ社従来品Hf32形蛍光灯照明器具FSA42001FV PH9(2012年度機種)と、今回発売する直管形LEDランプ搭載ベースライト:NNF42001 LH9 + ランプ:LDL40 S・N/33/34(2本)を比較した場合
比較条件:室空間19.2m×12.8m×天井高さ2.7m/
反射率:天井50%、壁30%、床10%/計算面高さ0.7m/
保守率:蛍光灯0.69/LED器具0.81  
省エネ率は、暫定値です。予告無く変更する場合があります。
※3 5000Kタイプの場合の光束(lm)を代表して記載

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング