【報道参考資料】中央アフリカ共和国・情勢レポート 協定署名後も続く戦闘 

PR TIMES / 2014年8月11日 10時16分

首都バンギ沈静化の一方で、各地で続く対立



※本信は ユニセフ中央アフリカ事務所の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
独自に編集したものです
※原文は http://bit.ly/V2RWQB でご覧いただけます


【2014年8月6日 バンギ(中央アフリカ共和国)発】

2014年7月の情勢レポートから、現地の状況とユニセフの活動をお伝えします。

■数字で見る概況
・影響を受けている子ども 230万人(OCHA 2014年5月13日)
・影響を受けている人 460万人(OHCA 2014年7月31日)
・支援を必要とする人 250万人(OHCA 2014年7月31日)
・国内避難民     52万7,000人(OHCA 2014年7月31日)
・国外へ避難した人 16万4,000人
(昨年12月以降、周辺4カ国:UNHCR 2014年7月25日)

・ユニセフ必要支援額(2014年) 8,100万米ドル
(約82億6,200万円 ※1米ドル=102円で換算)
・調達された資金額 3,100万米ドル
(全体の63%が不足/2014年7月31日時点)


■ハイライト
・7月29日、西部のウハム州Bagangafoにて、Boucaから来たアンチバラカが旧セレカを攻撃
約30人が殺害との報道、うち2人はMISCA(中央アフリカ国際支援ミッション)の兵士、
負傷者多数
これにより、1万2,000人から1万5,000人が避難したとみられる

・7月23日、コンゴ共和国のブラザビルで行われたフォーラムに、旧セレカとアンチバラカ
の代表も参加
暴力敵対協定に署名したものの、その後も武装勢力間の衝突が続いている

・7月7日~8日、南部のワカ州のバンバリの避難所が旧セレカの攻撃を受け、27名が死亡、
35名が負傷
避難所にいた人たちは主にフランス軍部隊の敷地に移動
バンバリの治安はいくぶん回復し、人道支援活動も行えていたが、この一件で緊張が
高まり、自宅に戻れず

・7月に、西部のオンベラ・ムボコ州のYaloke、南西部のロバヤ州のBodaの現場視察を
実施
複数の支援機関による合同視察で、現地での支援活動をモニターし、子どもたちや
女性の状況を確認

・現在、ユニセフは手元資金の80%を活用しており、追加資金が調達されなければ、
女性や子どもへの支援継続が困難に


■ユニセフの主な取り組みによる成果(年間目標に対する達成率)
・急性栄養不良の5歳未満の子どもの84%に治療食による治療を実施、回復率は81%

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング