【報道参考資料】エボラ出血熱 支援物資のべ3,000トンに到達

PR TIMES / 2014年11月10日 17時19分

エボラ対応での最大の物資供給機関



※本信は ユニセフ本部の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に
編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_76949.html でご覧いただけます


【2014年11月7日 ジュネーブ/コペンハーゲン/ニューヨーク発】

ユニセフはこの3カ月だけで、エボラ出血熱が流行しているギニア、リベリア、
シエラレオネの3カ国に防護備品、医薬品などを含めた支援物資約3,000トンを届けました。
ユニセフは、エボラ対応において最大の物資供給機関となっています。

ユニセフの物資供給は、今後も強化、拡大される予定です。物資には、患者のケアや
治療を行う施設を設置するための資材なども含まれます。エボラと確認または疑われる
ケースの治療で医療従事者が使用する個人防護備品の多くは、汚染を避けるため、1回
限りの使用となる見込みです。医療従事者は、1日に6~9セットの防護備品を使用
できるようになります。


ユニセフのグローバル供給物資オペレーション部の部長であるシャネル・ホールは
「エボラへの対応は、これまでの緊急事態の中で、最も複雑です。物資の提供、
供給網の構築、サービスの提供、すべてにおいて迅速さが求められています。供給網
は柔軟なものでなくてはならず、極めて高い質が要求されています。ユニセフは各国
政府や企業、パートナーとともに新しい供給網を立ち上げており、新たな場所に製品
やサービスを届けられるようになります」と述べました。ホール部長は、シエラレオネ
とリベリアの視察を終え、物資供給センターのあるコペンハーゲンに戻ったばかりです。

11月9日週、ユニセフは防護備品の世界的な供給を十分に満たせるよう、こうした製品
を扱う企業とともに世界的な会議を開催します。会議には、防護備品の世界での製造の
大部分を担う15以上の企業と、世界保健機関(WHO)や国境なき医師団、英国政府や
米国政府の代表といった主要なパートナーが参加する予定です。

ユニセフはこれまで空輸を中心に感染流行国に物資を届けてきましたが、最近では、
個人防護備品や医薬品、医療品、消毒用の塩素やせっけんなどを海路でも輸送して
います。また、各国政府は、エボラの症状がみられる患者を家族から隔離できるよう、
またコミュニティへの感染リスクを軽減させるべく、コミュニティ・ケア・センター
の設置を進めています。ユニセフはこの取り組みを支援すべく、テントやベッド、
マットレスといった物資を提供する予定で、こうした物資も輸送されています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング