石橋信夫記念館文化フォーラム 第8回 「歴史に学ぼう 我々日本人は何を誇り、どこを改めるべきか」(ニュースレター)

PR TIMES / 2014年12月18日 15時18分

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2015年7月11日(大阪)および7月25日(東京)、石橋信夫記念館文化フォーラム「歴史に学ぼう 我々日本人は何を誇り、どこを改めるべきか」を開催します。


 当フォーラムは、毎回多彩なパネリストをお招きし、歴史上の優れた指導者の知恵やリーダーシップから、今の日本人のあるべき姿と今後の指針を語っていただいております。
 そこで今回の文化フォーラムでは、日本人が元気と勇気を取り戻すためにはどうするべきか、「歴史に学ぼう 我々日本人は何を誇り、どこを改めるべきか」をテーマに、当フォーラム初の外国人をパネリストに招き、海外からの視点も交えながら、各界を代表する論客に語っていただきます。

1.フォーラムの概要
《大阪会場》
【日時】2015年7月11日(土)午後2時~5時
【会場】大和ハウス工業本社2階大ホール
【パネリスト・コーディネーター】井上 章一氏(評論家)
【パネリスト(順不同)】
  津川 雅彦氏(俳優)
  橋本 五郎氏(読売新聞特別編集委員)
  松井 今朝子氏(作家)

《東京会場》
【日時】2015年7月25日(土)午後2時~5時
【会場】大和ハウス工業東京本社2階大ホール
【パネリスト・コーディネーター】井上 章一氏(評論家)
【パネリスト(順不同)】
  ロバート キャンベル氏(日本文学研究者)
  磯田 道史氏(歴史学者)
  岸 惠子氏(作家・女優)

2.応募方法
 聴講をご希望の方は、下記要領にてご応募いただき、抽選の上で無料ご招待します。
 受付期間は、2015年5月27日(水)までとなっております。なお、当選者の発表は受講証の発送をもって代えさせていただきます。

<応募方法>
A:葉書による応募
 葉書に郵便番号・住所・氏名・年齢・性別・職業・電話番号・ご希望の会場(大阪会場か東京会場のいずれか)をご明記の上、応募してください。
  あて先:〒107-0051 東京都港区元赤坂1-4-2 知性ビル
     「石橋信夫記念館文化フォーラム事務局」行
  ※2015年1月5日(月)より受付開始

B:ホームページによる応募
 「大和ハウス工業オフィシャルホームページ」内のフォームから応募してください。
  URL: http://www.daiwahouse.co.jp?ad=pr
  ※2015年1月1日(木)より受付開始

パネリスト
大阪会場
井上章一氏(評論家)
1955年(昭30)京都府生まれ。京都大学大学院工学部建築学専攻修士課程修了。京都大学人文科学研究所助手を経て、国際日本文化研究センター副所長。専門の建築史・意匠論以外の分野でも、ユニークな視点で、日本文化、社会風俗、美人論、男性論、関西文化論、日本文化論、人形論ほか多くのジャンルについて言及している。『つくられた桂離宮神話』でサントリー学芸賞、『南蛮幻想』で芸術選奨文部大臣賞をそれぞれ受賞。主著『霊柩車の誕生』『邪推する、たのしみ アートから風俗まで』『キリスト教と日本人』『日本に古代はあったのか』『伊勢神宮 魅惑の日本建築』。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング