自動車向けの最新ソリューションを第6回 国際カーエレクトロニクス技術展に出展

PR TIMES / 2014年1月14日 13時35分

2014年1月15日(水)~1月17日(金) : 東京ビッグサイト(STブース : 西1-54)

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーの
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、
第6回 国際カーエレクトロニクス技術展(カーエレJAPAN)において、自動車
向けの最新ソリューションを出展します。

「自動運転」や「つながる車」の開発が加速する中、ITと自動車の融合が本格化
しています。これに伴い、自動車は急速な電子化が進んでおり、半導体は、
高度インフォテインメント・システムや高度運転支援システムから、エンジン
制御やセーフティまで、自動車の様々なサブシステムに使用されています。
STは、長年にわたり培った専門性とその幅広い製品ポートフォリオで、自動車の
先端技術革新に貢献します。

STブースで紹介する主なソリューション

・ 高度車載情報システム

自動車をインターネットに接続することで、最新の交通情報を受信したり、
メディア配信やSNSを楽しむことができる「コネクテッド・プラットフォーム」
の開発が進んでいます。このような高度車載情報システムにより、自動車は、
人や荷物を輸送する従来の役割に加え、パソコンやスマートフォンと同じような
役割も果たすようになります。STは、幅広い製品ポートフォリオを活用し、
「つながる車」に向けた最新ソリューションを紹介します。

ARMコア・ベースの高性能マルチメディア・システム・オン・チップ(SoC)を
中心とする同ソリューションは、STのGENIVI 準拠の車載インフォテインメント
(IVI : In-Vehicle Infotainment) SDKソフトウェアで開発され、メール着信
やSNS更新等の各種情報をフロントガラスに投影するピコ・プロジェクタ、音声
操作を可能にするMEMSマイクロフォン、さらには運転者のジェスチャや状態を
検知するCMOSイメージ・センサで構成されています。ブースでは、運転者が
フロントガラス上に映し出された情報を確認し、音声でIVI機能を操作する
デモを行います。

・ 駐車支援システム

自動車の駐車時に車体を上方から見ているような映像により、車体の周辺状態の
確認を可能にし、スムーズな駐車を実現する駐車支援システムの搭載が標準化
しつつあります。STの車載イーサネットに対応した駐車支援システム向け
ソリューションは、車体の前後左右に搭載された4台のカメラが捉えた映像を、
画像処理用プロセッサと高性能マルチメディアSoCが合成することにより、
自動車をまるで上から見ているような映像を作り出します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング