これが生まれ変わった平成版キカイダーだ!!伝説のヒーロー“キカイダー”41年の時を超え、再起動!!

PR TIMES / 2014年2月21日 9時30分

角川書店ブランドカンパニー



 1972年に誕生し、「8時だヨ!全員集合」の裏番組にして、驚異の視聴率16%をたたき出した特撮TVドラマ「人造人間キカイダー」。原作者・石ノ森章太郎のDNAを宿した「キカイダー」は、左右非対称のユニークなビジュアルと深いドラマ性から、「仮面ライダー」と人気を二分した伝説のヒーロー作品です。
 これまで、幾度となく実写リメイクの企画がありましたが、原作の複雑な設定が壁となり実現に至りませんでした。この度、脚本開発に2年という歳月をかけ、デザインも一新、満を持してREBOOT=再起動の時を迎えつつあります。
 1972年当時のジロー/キカイダー役 伴大介さんの出演が正式決定。謎の心理学者・前野究治郎を演じます。映画初主演となる注目の若手俳優・入江甚儀さんとの新・旧ジローの共演も実現し、さらにパワーアップした『キカイダー REBOOT』を製作中です。

 その公開に先駆け、本日、41年ぶりに甦る平成版キカイダーの新ビジュアルを解禁しました!


 
 また、ジロー/キカイダー役の入江甚儀さん、前野究治郎役の伴大介さんからもコメントが届いています!


★ジロー/キカイダー役 入江甚儀さんコメント★
 41年ぶりの「キカイダー」復活でジローという大役をいただき、嬉しい気持ちでいっぱいです!衣装合わせで伴さんに初めてお会いしたときに「大丈夫!」と声をかけて頂き、“ジロー”のバトンを繋いでいただいた気がします。「良心回路」という心を持ってはいるけれど、機械。そんな、じれったい様なある種、アンニュイな存在になれるように、意識してどちらかに偏った芝居をしないように演じています。是非、注目してください!

★前野究治郎役 伴大介さんコメント★
 皆さん、お久しぶりでございます。『キカイダー』の世界に再び参加出来たことを、非常に嬉しく思っています。今回、究治郎(旧ジロー)という役名を頂きました。
 新”ジロー”の入江さんは長身で、スポーツマンタイプ!現代の若者らしい”ジロー”が今から楽しみでなりません!この作品は、観終った後に心が温かくなる“ラブストーリー”です。自分の夢だった作品が実現し、感激しております。

 本作は、5月24日(土)公開予定です。ご期待ください!

 また、「万能鑑定士Q」シリーズなどがベストセラーになっている松岡圭祐さんによる『人造人間キカイダー The Novel』(角川文庫刊)も大反響!
 41年の時を超えて再起動した「キカイダー」の世界を、文庫と映画でぜひお楽しみください!

映画情報
タイトル:『キカイダー REBOOT』
公開:5月24日(土)全国ロードショー
公式サイト: www.kikaider.jp
(C)石森プロ・東映 (C)2014「キカイダー」製作委員会

キャスト・スタッフ情報
出演:入江甚儀 佐津川愛美 高橋メアリージュン 伴大介 ほか
原作:石ノ森章太郎
監督:下山天 脚本:下山健人

書籍情報
『人造人間キカイダー The Novel』(角川文庫)
著:松岡圭祐(まつおかけいすけ)
定価:本体667円+税


 震災後の日本、二足歩行ロボット開発に革命的進化をもたらした研究者が姿を消した。時を同じくし、彼の娘である女子大生の周辺にあやしい男たちの影がちらつきだす。赤と青半身ずつという異形のアンドロイドはなぜ誕生したのか。『催眠』『万能鑑定士Qの事件簿』『ミッキーマウスの憂鬱』の松岡圭祐の手による、驚異的な面白さを誇る長編登場!

<映画に関して>
東映株式会社 映画宣伝部
電話03(3535)7193

<作品・商品の内容に関して>
発行所/株式会社 KADOKAWA
〒102-8078 東京都千代田区富士見1-8-19
電話・編集 03(3238)8555

<書籍販売・宣伝に関して>
発売元/株式会社 KADOKAWA
〒102-8024 東京都千代田区富士見1-8-19 角川第3本社ビル 2F
電話・営業 03(3238)8521
電話・宣伝 03(3238)8688

メールでのお問い合わせ
https://wwws.kadokawa.co.jp/contact/
KADOKAWA オフィシャルサイト
http://www.kadokawa.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング