2013年、メディアと企業の関係性、そして広告はどう変わる!? ~スマホ時代に求められる、消費者を「動かす」メディアコンテンツとは~

PR TIMES / 2013年3月5日 15時35分

Yahoo!×インテグレートによるセミナーをデジタルハリウッド大学院にて開催

デジタルハリウッド大学院では、『爆速』のキーワードが今改めて注目を集めている「ヤフー株式会社」、そしてIMC(統合型マーケティングコミュニケーション)プランニングを専門的に実践する日本初のプランニングブティック、「株式会社インテグレート」の2社をお迎えし、2013年のメディア、企業、広告のあり方を考えるセミナーを開催いたします。



 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、『爆速』のキーワードが今改めて注目を集めている「ヤフー株式会社」、そしてIMC(統合型マーケティングコミュニケーション)プランニングを専門的に実践する日本初のプランニングブティック、「株式会社インテグレート」の2社をお迎えし、2013年のメディア、企業、広告のあり方を考えるセミナーを開催いたします。

 Twitter、Facebook、Linked Inなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスや、LINE、comm、カカオトークなどのコミュニケーションツールの隆盛、スマートフォンやタブレットなどの端末の普及など、デジタルの進化に伴い、2013年はマーケティングコミュニケーションの大きな転換点を迎えています。

 さらに、『O2O(Online to Offline)』や『ビッグデータ』といったマーケティングキーワードに注目が集まるなど、「インターネットの世界とリアルの世界をどのように繋いでいくのか」、ということが盛んに議論されています。
 そのような中、ヤフーでは昨年7月に「マーケティングイノベーション室」を設立し、今年の1月末には広告ソリューションのリニューアルを実施するなど、『爆速』を掲げて走り続けています。

 本セミナーでは、2012年4月から経営新体制のもと「第二の創業」を掲げるヤフーにおいて、新しいマーケティング活動に取り組むヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー プレミアム広告本部 ソリューションパートナー部 部長 本多尚彦氏と、同社 マーケティングソリューションカンパニー プレミアム広告本部 コミュニケーション広告企画 マネージャー 井上亮平氏、そしてIMCプランニングブティックである株式会社インテグレートを率いる、同社 COO 山田まさる氏のお三方に、具体的事例を交えながら今後のメディアと企業の関係性や広告、コンテンツのあり方について論じていただき、メディア力の「源泉」とは何かを語っていただきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング