雑学科学読本 文房具のスゴい技術

PR TIMES / 2014年4月26日 10時35分

中経出版ブランドカンパニー

日頃よく使っている、あの「文房具」に秘められた感動のしくみがわかる本!




よく使う「あのアイテム」に、感動もののヒミツがあった!


大好評『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の涌井兄弟、待望の書き下ろし!

洋の東西、老若男女を問わず、「文房具好き」はかなりいるといわれます。
本書は、日頃よく使う筆記・修正用具から、切断・計測グッズまで、
私たちがよくお世話になっている文房具たちのメカニズムをイラスト図解で解説。
身近な必須アイテムの知られざるカラクリがこれでわかります!


本書の章立て


第1章 筆記用具のスゴい技術
第2章 修正・接着用具のスゴい技術
第3章 切断・綴じ用具のスゴい技術
第4章 計測器具・便利グッズのスゴい技術
第5章 記録用具のスゴい技術


著者紹介


涌井 良幸・涌井 貞美(わくい よしゆき・わくい さだみ)

良幸/1950年、東京都生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)数学科を卒業後、千葉県立高等学校の教職に就く。現在は高校の数学教諭を務める傍ら、コンピューターを活用した教育法や統計学の研究を行なっている。

貞美/1952年、東京都生まれ。東京大学理学系研究科修士課程を修了後、富士通に就職。その後、神奈川県立高等学校の教員を経て、サイエンスライターとして独立。現在は書籍や雑誌の執筆を中心に活動している。良幸の実弟。

共著に『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』『同vol.2』(以上、中経の文庫)、『多変量解析がわかる』(技術評論社)、『Excelでスッキリわかる ベイズ統計入門』(日本実業出版社)、『困ったときのパソコン文字解決字典』(誠文堂新光社)、『パソコンで遊ぶ数学実験』(講談社)などがある。


【商品情報】


著 者:涌井 良幸・涌井 貞美
定 価:650円+税
ページ数:256ページ
判 型:文庫判
初版発行:2014/4/30

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング