2つの果実を組み合わせた缶チューハイ『アサヒ贅沢搾り期間限定オレンジとカシス』登場!6種類のフレーバーが楽しめるバラエティパックと合わせて12月15日(火)発売

PR TIMES / 2020年11月26日 17時45分



 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、RTD(※1)カテゴリーの新商品として『アサヒ贅沢搾り期間限定オレンジとカシス』(以下、 <オレンジとカシス> )を、12月15日(火)から全国で発売します。また、「アサヒ贅沢搾り」の定番フレーバー5種 <グレープフルーツ> <桃> <キウイ> <ぶどう> <ベリーミックスヨーグルトテイスト> と、期間限定フレーバー <オレンジとカシス> を詰め合わせた『アサヒ贅沢搾り冬限定バラエティパック』を12月15日(火)から発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16166/651/resize/d16166-651-110235-0.jpg ]


 今回発売する <オレンジとカシス> は、オレンジとカシスの果汁を使用した缶チューハイで、オレンジ果実1/2個分(※2)にあたる果汁23%を使用しています。みずみずしいオレンジの果実本来の甘みと酸味に深みのあるカシスの風味がバランスよく合わさった、豊潤な香りと味わいが特長です。
 パッケージには、オレンジとカシスが混ざり合ったカラーを背景に、缶体正面にみずみずしい果実のイラストを大きく描きました。また、「果実1/2個分」のアイコンを大きく記載し、商品特長を分かりやすく訴求しています。

 「アサヒ贅沢搾り」ブランドは、みずみずしい果実のおいしさや人工甘味料無添加、気軽に飲みやすいアルコール度数4%が商品特長の缶チューハイです。「アサヒ贅沢搾り」ブランドは、2月のリニューアルや新商品の好調を背景に、1~10月のブランド計の累計販売箱数(※3)が前年比119%と大きく伸長しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/16166/651/resize/d16166-651-427772-2.jpg ]


 今後も魅力的な商品展開や積極的な販促活動を通じて、2020年のRTD事業の売上は467億円(前年比102.6%)を目標とし、RTD市場全体の活性化に取り組むともに、お客様満足を追求し“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指します。
(※1):「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。
(※2):「実教出版社」が発行するオールガイド食品成分表に記載されている、果物1個当たりの重量に占める果皮等を含む果汁量の1/2相当量を使用しています。
(※3):1箱=250ml×24本 換算

【商品概要】
商品名:アサヒ贅沢搾り期間限定オレンジとカシス
品目:リキュール(発泡性)1.
容量:缶350ml・缶500ml
果汁含有量:23%
アルコール分:4%
発売日:12月15日(火)
発売地域:全国
希望小売価格:缶350ml 141円、缶500ml 191円(消費税抜き)

商品名:アサヒ贅沢搾り 冬限定バラエティパック
発売品種: <グレープフルーツ> <桃> <キウイ> <ぶどう> <ベリーミックスヨーグルトテイスト> <オレンジとカシス>
容量:缶350ml×6本
発売日:12月15日(火)
*完全予約受注制(酒販店様からの予約受注分のみ製造)
発売地域:全国
希望小売価格:846円(消費税抜き)
※希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。
※「アサヒ贅沢搾り」ブランドサイト: https://www.asahibeer.co.jp/zeitaku_s/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング