マルイエ醤油川根本家が鈴木学園のスイーツ開発に協力!パティシエのたまごたちが、松坂屋のデパ地下で静岡県産の醤油・味噌を使ったスイーツを限定発売!

PR TIMES / 2019年11月19日 17時15分

11/20(水)~26(火)「学校法人鈴木学園 未来のパティシエたちの饗宴」

松坂屋の食品売場で、静岡市の調理専門学校・鈴木学園の生徒たちが地元特産の醤油・味噌を使って開発したスイーツを限定販売。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25003/652/resize/d25003-652-377092-17.jpg ]

「マルイエしょうゆ川根本家」は、全国でも珍しい昔ながらの製法で醤油や味噌を作っている静岡県島田市のブランド。その地元産の醤油や味噌を使い、葵区の調理専門学校、鈴木学園がオリジナルスイーツを開発、松坂屋のデパ地下でお披露目し、販売も手がけます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/25003/652/resize/d25003-652-342455-20.jpg ]


「学校法人鈴木学園 未来のパティシエたちの饗宴」
会 期:2019年11月20日(水)~26日(火)
会 場:松坂屋静岡店 本館地下1階 食品売場

醤油や味噌は、実はスイーツにはとても難しい調味料。高度なセンスが必要となります。鈴木学園の生徒たちは、実際に島田市の「マルイエ醤油川根本家」の味噌・醤油工場を訪ね、味噌・醤油作りの見学や実習も体験。昔ながらの製法で作った味噌や醤油の奥深さを知り、何度も試行錯誤を重ねてそのおいしさをスイーツに表現しました。

静岡県産の味噌や醤油をスイーツ開発に活かす試みは、今回が始めてです。

マルイエ醤油川根本家の味噌・醤油を使ったスイーツ5種のほか、栗や紅芋など旬の素材を作った秋スイーツなどを併せ計40種を、鈴木学園製菓衛生師科、上級パティシエ科の生徒56名が自ら商品開発・試作・製造・販売まで携わります。

<マルイエ醤油川根本家の味噌・醤油を使ったスイーツ>
・ マルイエでだんご3兄弟(みたらし&餡シュー) 324円
[画像3: https://prtimes.jp/i/25003/652/resize/d25003-652-895267-1.jpg ]



・焦がし醤油生どら焼き 162円

[画像4: https://prtimes.jp/i/25003/652/resize/d25003-652-225434-3.jpg ]



・黒味噌マフィン 162円

[画像5: https://prtimes.jp/i/25003/652/resize/d25003-652-506295-0.jpg ]

・ マルイエ味噌ウィッチ 162円

[画像6: https://prtimes.jp/i/25003/652/resize/d25003-652-516772-2.jpg ]

・ キャラメル醤油味噌パウンド 972円

[画像7: https://prtimes.jp/i/25003/652/resize/d25003-652-733765-4.jpg ]

<その他のスイーツ>
・ 栗のミルフィユ 410円
[画像8: https://prtimes.jp/i/25003/652/resize/d25003-652-342455-20.jpg ]

・ 紅芋モンブランロール 1,296円

[画像9: https://prtimes.jp/i/25003/652/resize/d25003-652-511270-19.jpg ]

・ 秋のエクレア 486円

[画像10: https://prtimes.jp/i/25003/652/resize/d25003-652-226421-18.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング