日本エイサー、ハイパフォーマンスモデルから初めての一台にも最適なモデルまで、最新6機種の Acer Chromebook を発売

PR TIMES / 2020年8月25日 15時15分



日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ボブ・セン)は、 Acer Chromebook (エイサークロームブック)より、Acer Chromebook Spin 713、Acer Chromebook 712、Acer Chromebook Spin 311、Acer Chromebook 315、Acer Chromebook 314の最新5シリーズ6機種を発売します。Spin 311および314は10月9日(金)に、Spin 713、712(2機種)、315は10月22日(木)に発売を開始し、本製品群はビックカメラ、ヨドバシカメラ、Joshin、ケーズデンキ、ZOA、コストコ、ベイシア電器の各店舗および各ECサイトにて販売します。

今回発売する5シリーズ6機種はいずれもGoogle が提供する、高速で起動し、安全で使いやすい Chrome OS を搭載しています。気軽に持ち運べるタッチ操作対応の軽量モデルやハイパフォーマンスモデル、ご家庭での共有に最適な大画面モデルなど、さまざまな使い方やライフスタイルに合わせた製品を提供します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/640/677/resize/d640-677-993476-0.jpg ]


Acerは Chromebook のパイオニアとして製品開発と販売に注力しています。世界中で使われているAcer Chromebookは、調査会社IDCの調査データ(IDC Quarterly Personal Computing Device Tracker, 2020Q1)において2020年1月~3月における世界シェア1位を獲得しました。日本市場においては、文部科学省が推進するGIGAスクール構想の実現に向けて、本年度は小・中学校へのAcer Chromebookの導入に力を入れております。さらに、一般のお客様にもこれまで以上に多くの方にシンプルで便利な Chromebook をご利用いただきたいという思いから、今回はデザインやスペック、価格の異なる6機種と幅広いラインアップをご用意しました。

使い方やライフスタイルに合わせて選べる Acer Chromebook シリーズ

[画像2: https://prtimes.jp/i/640/677/resize/d640-677-458686-1.jpg ]


Acer Chromebook 製品ラインアップ詳細と特長

【Acer Chromebook Spin 713】
●アスペクト比3:2と画面が縦方向に広く、Webサイト閲覧時などにスクロールが少なく読みやすい仕様
●13.5型のIPSパネル搭載
●最新の高速無線LAN規格Wi-Fi 6に対応
●タッチ操作可能で、傷に強く抗菌仕様のCorning(R) Gorilla(R) Glassを採用
●画面は360°回転、タブレットモードやディスプレイモードなど好きなスタイルで利用可能
●パワフルで映像や画像も綺麗に楽しめる、第10世代インテル(R) Core™ i3プロセッサーを搭載
[画像3: https://prtimes.jp/i/640/677/resize/d640-677-114771-2.jpg ]


製品情報ページ
https://acerjapan.com/notebook/chromebook/spin713/CP713-2W-A38PE

【Acer Chromebook 712】
●アスペクト比3:2と画面が縦方向に広く、Webサイト閲覧時などにスクロールが少なく読みやすい仕様
●12.0型でタッチ操作も可能
●衝撃や負荷への耐久基準となる米国軍基準MIL-STD 810Gと、玩具に適応される安全規格に準拠し、キーボード
 は防滴仕様
●パワフルで映像や画像も綺麗に楽しめる、第10世代インテル(R) Core™ i3プロセッサーを搭載(対象機種:型
 番C871T-A38N)
●毎日のブラウジングにも最適なインテル(R) Celeron(R) プロセッサーを搭載(対象機種:型番C871T-A14N)
[画像4: https://prtimes.jp/i/640/677/resize/d640-677-453217-3.jpg ]


製品情報ページ
https://acerjapan.com/notebook/chromebook/712/C871T-A38N
https://acerjapan.com/notebook/chromebook/712/C871T-A14N

【Acer Chromebook Spin 311 】
●約1kgの軽量設計、A4サイズより小さく持ち運びに便利
●バッテリーは最大約15時間連続駆動とパワフル
●画面は360°回転、タブレットモードやディスプレイモードなど好きなスタイルで利用可能耐久性に優れた11.6
 型のタッチパネルは傷に強く抗菌仕様のCorning(R) Gorilla(R) Glassを採用
[画像5: https://prtimes.jp/i/640/677/resize/d640-677-591251-4.jpg ]


製品情報ページ
https://acerjapan.com/notebook/chromebook/spin311/CP311-3H-A14N

【Acer Chromebook 315】
●ディスプレイサイズは大画面の15.6型。キーボードには、片手で数字を入力しやすいテンキーを搭載
●USB3.1(Type-C)、USB3.0(Type-A)などの充実したポートを装備
●バッテリーは最大約12.5時間の連続駆動が可能で、長時間の利用にも最適
[画像6: https://prtimes.jp/i/640/677/resize/d640-677-260241-5.jpg ]


製品情報ページ
https://acerjapan.com/notebook/chromebook/315/CB315-3H-A14N

【Acer Chromebook 314】
●使いやすい14.0型のディスプレイサイズ。バッテリーは最大約12時間の連続駆動が可能
●スタイリッシュでマットなシルバーカラーのボディ
●USB3.1(Type-C)、USB3.0(Type-A)などの充実したポートを装備
[画像7: https://prtimes.jp/i/640/677/resize/d640-677-691917-6.jpg ]


製品情報ページ
https://acerjapan.com/notebook/chromebook/314/CB314-1H-A14N

[画像8: https://prtimes.jp/i/640/677/resize/d640-677-149716-7.jpg ]


Chromebook とは
● インターネット接続によって自動更新される、 Google が提供する Chrome OS 搭載で、常に最新で安全な
 状態を実現
●数秒で起動し、すぐにパソコン作業が可能
●分かりやすいインターフェースで、初めてのパソコンにも最適
●Googleアカウントでログインすることで自分のデータにアクセスでき、1台を家族など複数人で共有しても自分
 だけのスペースを確保可能

プレスリリースページ
https://acerjapan.com/news/2020/03B012
※発売日変更(2020年9月10日)


日本エイサー株式会社について
社名 :日本エイサー株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
代表者:代表取締役社長 詹 國良(ボブ・セン)
公式サイト: https://acerjapan.com
公式facebook: https://www.facebook.com/AcerJapan
公式Twitter : https://www.twitter.com/AcerJapan
Gaming公式Twitter: https://twitter.com/PredatorJPN
公式Instagram: https://www.instagram.com/acer_japan/
公式YouTube: https://www.youtube.com/user/AcerJapanChannel

(C) 2020 Acer Inc. All rights reserved. AcerとAcerロゴはAcer Inc.の登録商標です。その他商標、登録商標、サービスマーク等の著作物の著作権は、帰属表明の有無に関わらず、それぞれの権利者に帰属します。発表内容は予告なしに変更または削除されることがありますのであらかじめご了承ください。
(C) 2020 Acer Inc. All rights reserved. Acer and the Acer logo are registered trademarks of Acer Inc. Other trademarks, registered trademarks, and/or service marks, indicated or otherwise, are the property of their respective owners. All offers subject to change without notice or obligation and may not be available through all sales channels.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング