「第38回メトロ児童絵画展」作品大募集!

PR TIMES / 2020年7月14日 17時40分

小学生が描いた地下鉄をモチーフにした絵をお送りください

公益財団法人メトロ文化財団(所在地:東京都千代田区、会長:安富 正文、以下「メトロ文化財団」)と東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)では、「第38回メトロ児童絵画展」を開催します。



 今回で38回目を迎えるメトロ児童絵画展は、子供たちに「地下鉄」をモチーフにした「安全やマナー等」に関する絵を描いてもらうことで、少しでも安全やマナーへの関心、そして地下鉄に興味を持っていただくことを目的に1982年から毎年開催しております。
 2020年7月15日(水)から9月4日(金)まで、小学生を対象に、地下鉄をモチーフにした安全やマナー等の絵を募集いたします。
 入選作品は、「鉄道の日」を記念してメトロ文化財団ホームページで紹介するほか、東京メトロ駅構内での展示を予定しています。(駅構内での展示は状況により中止となる場合があります。)
 たくさんの小学生の方々からのご応募を心よりお待ちしております。
[画像: https://prtimes.jp/i/20053/737/resize/d20053-737-307538-0.jpg ]



                「第38回メトロ児童絵画展」詳細

1 応募要領
(1)作品内容
   「地下鉄」をモチーフに「安全やマナー」などをテーマにした絵のほか、子供らしい夢のある楽しい絵。

(2)応募資格
   国内在住の小学生(お1人様1点とします。)

(3)作品サイズ
   「八つ切りサイズ(約271×392)」または「B4サイズ(257×364)」の画用紙。タテ・ヨコは自由。
   ※上記以外のサイズ(四つ切り等)に関しては審査対象外になりますのでご注意ください。 

(4)描画材料
   絵具・ポスターカラー・クレヨン・サインペンなど自由
   ※CGや立体作品は不可、平面作品に限ります。
   ※必ず自分で描いた未発表の作品をご応募ください。

(5)応募期間
   2020年7月15日(水)~9月4日(金)必着(送付の場合は締切当日の消印まで有効)

(6)応募方法
   郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・FAX番号・学校名・学年が記入された用紙を作品裏面に貼 
  付し、以下の宛先までお送りいただくか、最寄りの東京メトロ駅事務室にお持ちください。
  (ただし、日比谷線北千住駅・中目黒駅、東西線中野駅・西船橋駅、千代田線代々木上原駅、有楽町線和光市
  駅、南北線目黒駅、半蔵門線・副都心線渋谷駅の各駅は除きます。)

   ※応募要領は、メトロ文化財団ホームページ( https://www.metrocf.or.jp/)でご確認いただけます。
   ※ご応募いただきました作品の権利は主催者に属し、応募作品は返却いたしません。
   ≪宛先≫
    〒164-0011 東京都中野区中央2-37-6 第7新栄ビル2階
    「公益財団法人メトロ文化財団 メトロ児童絵画展 事務局」宛
     電話番号 03-5925-3803

2 各賞詳細
  特選30作品 入選70作品 佳作200作品 奨励賞300作品
  ※入賞者には賞状及び賞品をさしあげます。
  ※応募者全員に参加賞をさしあげます。

3 入賞者の発表
  入賞作品(奨励賞を除く)は10月上旬、ポスターにて東京メトロ各駅(一部を除く)に掲出及びメトロ文化財
 団ホームページで発表。
  ※入賞作品を展示する際は、入賞者の「都道府県名」「学年」「個人名」のみ記載いたします。

4 入賞作品の展示期間及び場所
  「鉄道の日」(10月14日)を記念して、10月~11月の期間にメトロ文化財団ホームページで紹介するほか、
 東京メトロ駅構内での展示を予定しています。(駅構内での展示は状況により中止となる場合があります。ま 
 た、今回は地下鉄博物館での展示は予定しておりません。)
  ※展示場所・スケジュール等の詳細は入賞発表ポスターに記載いたします。

5 審査員
  大石 法枝(新象作家協会委員)
  小野 孝一(現代童画会常任委員)
  川内 悟 (公益社団法人二科会常務理事)

6 お客様のお問い合わせ先
  公益財団法人メトロ文化財団 メトロ児童絵画展 事務局
  電話番号 03-5925-3803 10:00~17:00(土日祝は除く)

■ 取得した個人情報については、個人情報保護法に基づき厳格に管理いたします。応募された方の個人情報は、「作品の審査」「入賞の通知」「入賞作品の発表」「入賞作品の展示やホームページへの掲載」「参加賞の発送」「プレス発表」等に使用いたします。目的外の使用につきまして事前に了解を得ることとします。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング