由紀さおり&ピンク・マルティーニがツアーファイナル!新曲は「霧島酒造」TVCM曲としてオンエア決定!

PR TIMES / 2012年11月1日 18時30分



 1969年の名曲を歌ったカバーアルバム『1969』が世界22ヶ国でCD発売され、日本国内だけで約40万枚と大ヒット中の歌手・由紀さおりが、米国の人気ジャズオーケストラ、ピンク・マルティーニとのコラボレーションによるコンサートを10月31日、東京・渋谷区の「Bunkamuraオーチャードホール」で開き、全国21カ所でのジャパンツアーの幕を閉じました。
 
ピンク・マルティーニのリーダーでピアノ奏者、トーマス・ローダーデールが、米国・オレゴン州の中古レコード店で由紀のLP「夜明けのスキャット」を偶然手にし、最初、そのジャケットに魅せられ、さらに彼女の歌声に魅了されたのがきっかけで同アルバム『1969』でコラボし、昨年10月に英国、12月に全米ツアーで共演。それが世界的に話題を呼び、今年6月に初のジャパンツアーが実現しました。

日本では、6月(3ヶ所)、10月と2度にわたる全国ツアーを実施。今回の10月のツアーは、10月2日の神奈川・よこすか芸術劇場から、全国21ヶ所(全22公演)、総動員数約4万人のコンサートツアーを行い、この日、ファイナルを迎えたもの。「長かったような、あっという間だったような気がしますが、無事ここまで来て、うれしいような、さみしいような、複雑な気持ちです。皆さんのエネルギーに守られながらファイナルを迎えることができてうれしいです」(由紀さおり)と感慨深げでした。

 最終公演は2,150席の会場が熱烈なファンで満席、アルバム『1969』から「ブルー・ライト・ヨコハマ」「真夜中のボサ・ノバ」「いいじゃないの幸せならば」「夕月」「夜明けのスキャット」など、ピンク・マルティーニとのコラボによる楽しいステージを披露しながら全27曲を熱唱。

 由紀は「トーマスさんは、おちゃめでやんちゃな方ですが、音楽的にはすごく厳しい方でして、ショーを作っていくことに対してもすごく情熱的で、本当にいいステージができました」と満足そうな笑顔を見せていました。

また、トーマスは、愛用のポラロイドカメラを入れた赤いランドセルを手にしながら「今回は、素晴らしい体験をさせてもらいました。オレゴン州の中古レコード店で由紀さおりさんのLPジャケットに心を奪われ、その歌に魅せられて以来、今日のオーチャードでのコンサートまで何もかもがうまくいき、今回も素晴らしいツアーができ、本当にありがとうございました」とうれしそうでした。

 由紀さおりは来年1月30日には、大ヒットアルバム『1969』から1年3ヶ月ぶりにニュー・シングル(タイトルは後日発表)を発売予定。日本を代表するソングライター&プロデューサーとして活躍中の松尾潔氏の作品で、「霧島酒造」TVCM曲としてオンエアも決定。「11月中旬ぐらいまでにレコーディングを終える予定ですが、とてもすてきな曲ですのでぜひご期待ください」と話していました。 

◆由紀さおり&ピンク・マルティーニ
 『1969』 (2011.10.12発売) TOCT-27098 ¥3,000(税込)
◆由紀さおりオフィシャルサイト http://www.emimusic.jp/pmsy1969/
◆EMI Music Japan アーティストサイト http://www.emimusic.jp/artist/yuki-yasuda/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング