有馬温泉最大の温泉テーマパークから温泉地日本一のプレミアム外湯へ 新名所“歴史探訪クアテーマパーク”「有馬温泉 太閤の湯」2014年2月22日(土)大改装グランドオープン

PR TIMES / 2013年9月6日 11時40分

平成の世に甦る!太閤秀吉が夢見た癒しの湯治郷「湯山御殿」

阪急阪神第一ホテルグループの一員である株式会社有馬ビューホテル(神戸市北区有馬町池の尻292-2代表取締役社長 入谷泰正)は大型日帰り温浴施設「有馬温泉 太閤の湯」を来年1月16日(木)より全面改装いたします。



「有馬温泉 太閤の湯」HP→ http://bit.ly/18GEwtj
リリースはこちら→ http://bit.ly/19njfHk

当施設は来年、2005年のリニューアルオープンから数えて10年目を迎えます。この間、国内はもとより海外を含め多くのお客様にご愛顧をいただき、来秋には早くもご来館300万人を数えようとしています。

今回、国内外のお客様に広く愛される施設として成長した10年目の節目を機に、海外にも訴求できる日本の温浴事業の集大成として、日帰り温浴施設「館内」に明確なテーマを持たせ、癒しと寛ぎを創出する「温泉テーマパーク」という前回改装のビジネスモデルに加え、「館外」の自然を活かした「健康増進」や「歴史探訪」という観点から進化させます。そして、訪れたお客様に広く六甲山の自然と有馬温泉の卓越した出湯をお楽しみいただくと共に、地元が要望するプレミアム外湯としての機能を果たす等、さまざまな角度から新しい提案を行ってまいります。

さらに、有馬温泉ともゆかりの深い武将「黒田官兵衛」のNHK大河ドラマ放映に併せ、園内に「官兵衛古道」を整備し、庭園も含めた敷地内施設の大改装を敢行、新たに「黄金の蒸し風呂」等の目玉温浴施設も加え、来年2月22日(土)にグランドオープンいたします。


改装メッセージ(1):神戸観光推進
■「湯山御殿」の再現と「温泉地外湯日本一」を目指した館内温浴施設の改装
■六甲山観光との連携強化
■外国人観光客(インバウンド)集客活性化

改装メッセージ(2):健康増進と歴史探訪
■敷地内庭園にヘルスレーン「官兵衛古道(かんべえこどう)」を整備

改装メッセージ(3):顧客満足度の向上
■多客時の待ち時間圧縮
■入退館の動線改良
■外国人ゲストへの配慮
■快適空間の提供

改装メッセージ(4):地元との共生


★ここが変わる!進化する太閤の湯【館内施設改装内容抜粋】
今回の大改装では、秀吉が好んだ色合いや有馬ゆかりの風物、安土桃山時代の趣向を組み合わせながら、ゲストの皆様が太閤秀吉気分で、秀吉の時代の町並を歩き、御殿の中で湯遊び三昧を堪能するような、そんな心浮き立つ楽しさを創出いたします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング