ネット小説の新人賞『ミライショウセツ大賞 ネット発クリエイター発掘・応援計画』開催

PR TIMES / 2014年7月31日 12時5分

エンターブレイン ブランドカンパニー

優秀なネット小説を随時書籍化、大賞受賞作はアニメ化・映像化も!



株式会社KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹、ブランドカンパニー長:青柳昌行、以下エンターブレイン)は、エイベックス・ピクチャーズ株式会社、グリー株式会社、サミー株式会社、ピクシブ株式会社との5社共同で、ネット小説の新人賞『ミライショウセツ大賞 ネット発クリエイター発掘・応援計画』(以下ミライショウセツ大賞)を設立し、コンテストを開催いたします。『ミライショウセツ大賞』は、出版社だけでなく、アニメ・音楽製作、遊技機開発、ソーシャルネットワークサービスといった様々な分野の企業が共同で取り組む新しい形のコンテストで、期間は2014年7月31日~2015年6月30日です。

近年、インターネットの投稿サイトで公開されたオンライン小説が書籍化され、プロデビューにつながるケースが増えています。ネット小説の特徴として、字数制限がなく、連載形式での投稿が可能な上、読者の反応や感想がリアルタイムで見られるため、読者ニーズや意見を反映させながら作品を完成させることができます。
『ミライショウセツ大賞』でも、こうしたネット投稿の長所を活かし、読者の評価も参考に選考を行い、読者が「いま読みたい」小説を、スピーディーに出版いたします。また、書籍化した作品のうち、セールスとユーザー支持を参考に「大賞」を決定。大賞作品は、アニメ化・映像化に加えてグッズやソーシャルゲーム化など幅広いジャンルで作品の周知拡大とメディアミックス展開を狙います。

コンテストの内容は、テーマやジャンルを限定せず広く作品を募集する「ミライショウセツ部門」と、期間毎のテーマに沿った作品を募集する「テーマ部門」の2部門を設け、pixivにて小説の応募を受け付けます。コンテスト開催期間中は2~3ヶ月毎に期限を区切って選考を行い、優れた作品をエンターブレインの小説・文芸レーベルから順次刊行していきます。

エンターブレインでは、1998年よりライトノベルやコミック作品を中心とした新人賞「エンターブレイン えんため大賞」を開催し、新人賞の登竜門として実績を上げております。今後もメディアやユーザーニーズの変化に対応し、ネットサービスの活用や他業種との協業など、新人発掘の新たな仕組みを構築し、優れたエンターテイメント作品を発信してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング