菅田将暉さんと小松菜奈さん「森」の次は「水の上」で共演!niko and ... この春の新WEBムービー『進化』を公開!

PR TIMES / 2020年3月5日 10時35分

水の上で全力疾走を繰り返す二人に注目!撮影で一番楽しかったのは「びしゃびしゃになった影ふみ」

 「Play fashion!」をコーポレートスローガンに掲げる株式会社アダストリア(本部:東京都渋谷区渋谷2-21-1、代表取締役 会長兼社長:福田三千男)が展開するスタイルエディトリアルブランド「niko and ... (ニコアンド)」は、3月5日(木)より、ブランドアンバサダーを務める菅田将暉(すだ・まさき)さんと小松菜奈(こまつ・なな)さんが出演し、アートディレクションを森本千絵(もりもと・ちえ)さんが務める、新WEBムービー『進化』を公開します。起用アーティストは2013年以来7年ぶりとなるotto&orabu(しょうぶ学園)です。しょうぶ学園の奏でる音は生命力があり本能が喜ぶ強さがあります。進化する喜びをかみしめ開いていく心を伝えるのには彼らの音しかないと考え再起用をしました。また、TVCMも3月6日(金)より放送を開始します。ぜひご期待ください。



■2020 spring 特設ページ URL
<Webサイト>URL : https://www.nikoand.jp/campaign/2020SS/
<ムービー本編>URL : https://youtu.be/561IOWcU99c
[画像1: https://prtimes.jp/i/1304/976/resize/d1304-976-458229-0.jpg ]

■ムービーコンセプト
進化

動物でも植物でもなく“人間”だけが進化し続けているのかもしれません。
それは人間だけが「先を想う」からです。私たちは進化しているからこそ
生きている意味を見い出します。何の変哲もない日々に光が射して、
走らざるをえないほどに心が動きだしてしまう人。
そして、一人で進化していくところから出会い、
二人だからこそ進める、その先へと。

もしかするとniko and ... の「...」を探し、
さらに「幸せという進化」を手にしようと動き出している、そんな世界観です。
その「...」は、ひとそれぞれに違うと思うのです。
進化する喜びをかみしめる、
開いていく心を、可視化することで「春の小さな進化」を伝えていきます。

■撮影エピソード
 横幅約40m、背景は職人による手描き、床には実際に水を張るなど、こだわりのセットで行われた今回の撮影。静かでないといけない水面に気泡ができてしまうと、菅田さんは息を吹きかけたり、小松さんは指で突いたりして消すといった自然な気遣いをみせてくれました。ブランドアンバサダー3年目の菅田さんと小松さん。お互いの影を踏む追いかけっこのような演出では、水上を激しく動き回らなくてはならないにも関わらず、息がぴったりの動きを披露。その名コンビぶりにカットがかかった後、スタッフからは感嘆の声と拍手が起きました。その後、菅田さんが自分のジャンプで顔に水しぶきを浴びてしまい、髪から水が滴るほどびしょびしょに。驚いて目をぱちくりとさせる菅田さんに、心配しつつも思わず笑ってしまう小松さんでした。

■撮影オフショット

[画像2: https://prtimes.jp/i/1304/976/resize/d1304-976-432339-1.jpg ]


■出演者プロフィール
菅田将暉(すだ・まさき)
1993年2月21日生まれ、大阪府出身。2009年「仮面ライダーW」でデビュー。
以降、ドラマ・映画・舞台・ラジオなど幅広く活躍中。近年の出演作品は、ドラマ「dele」、「3年A組―今から皆さんは、人質ですー」、映画「あゝ、荒野」、「火花」、「アルキメデスの大戦」、「タロウのバカ」など。
待機作品に主演映画「糸」(2020年4月24日公開予定)、「キネマの神様」(2020年12月公開予定)、「花束みたいな恋をした」(2021年公開予定)がある。

小松菜奈(こまつ・なな)
1996年2月16日生まれ、東京都出身。2008年よりモデルとして活動。その後、TV、CMなどに出演。
2014年、中島哲也監督の「渇き。」で映画デビュー。近年の出演作品は、映画「沈黙-サイレンス-」、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」、「坂道のアポロン」、「恋は雨上がりのように」、「来る」、「サムライマラソン」、「さよならくちびる」、「閉鎖病棟-それぞれの朝-」など。待機作品に主演映画「糸」(2020年4月24日公開予定)、映画「さくら」(2020年公開予定)などがある。

■菅田さん小松さんインタビュー
Q:どのシーンが一番楽しかったですか?
小松さん: 影を踏むところ。
菅田さん: 影、楽しかったね。
小松さん: 二人で撮影するところがあんまりなかったから、結構別々が多かったから。
菅田さん: そうだね、あの追いかけっこが一番楽しかったね、びっしゃびしゃになって。
小松さん: 体力がいる撮影だったね。
菅田さん: 確かに。でもいいよね、濡れてもいいやーっていう感じ。
小松さん: 小さいころにさ、水溜まりの所にあえて行ってたりしてた?
菅田さん: してた!横の溝で帰ってた。
小松さん: 横の溝で帰ってたの?
菅田さん: 大雨とか台風の日。めっちゃおかんに怒られた。このへんまで、ずーっと。
(胸あたりまで水に浸かって進むジェスチャー)
小松さん: それは怒られるわ。泳いでるじゃん。笑
菅田さん: そうそう。泳いでたなー懐かしいなー。そういうのしなくなったもんね。
小松さん: うん、ちょっと懐かしい感じ。

Q:今回のムービーは“進化”がテーマですが、世の中の進化で最近驚いたことは?
菅田さん: タクシーはだいぶ、広いタクシーに変わったよね。
小松さん: えーっと、最近進化してるなと思ったのは、財布を持たない、携帯だけの人(がいたこと)。
      鞄も持たないの。携帯電話でお金も払えるし、なんでもできるじゃん。本当にびっくりした。
      「え、財布もカードとかも何もないんですか?」みたいな。
菅田さん: ピッでいけるんだ。
小松さん: もう何もない。携帯だけ。
菅田さん: そんな人いるの?
小松さん: いるいる。すごいスマートって思っちゃって。
菅田さん: スマートだね。

Q:もうすぐ春ですが、ずばり“春”といえばなんでしょうか。
菅田さん: 桜!
小松さん: うん、あと、新しくスタートみたいな。
菅田さん: 新生活。
小松さん: そうそう。学年が上がる、とか。
菅田さん: あと毛虫!
小松さん: え、毛虫?どういうこと?
菅田さん: 春、毛虫いない?
小松さん: あーそういうことね。急に。笑

■otto&orabu(しょうぶ学園)プロフィール

[画像3: https://prtimes.jp/i/1304/976/resize/d1304-976-562270-4.jpg ]


otto&orabu
 otto(おっと)は、社会福祉法人太陽会しょうぶ学園の利用者とスタッフで2001年に民族楽器を中心に結成したパーカッショングループです。足並みがそろわない頑強にずれる音、パワーのある音、不規則な音が自由に、そして純粋に楽しくセッションすることによって、心地よい不揃いの音が生まれます。またヴォイスグループorabu (おらぶ=鹿児島弁で「叫ぶ」の意)は、叫びのコーラス。ottoのリズムとorabuのヴォイスが絶妙のコラボレーション空間をつくります。
●心地よい「不揃いな音」
 本来、音楽では「不揃い」や「ズレ」は好ましいものではありません。しかし「はたして揃うことがすべて美しいことだろうか」と問いかけてみると、見えている世界には、実は見えていない別の可能性があることに気づきます。それぞれの人が違うから、美しいのであって、中身の違いがあるからそれを認め、合わせることができるのです。大事なことは、彼らの不揃いの音が無理に主役になることなく、心地いいと感じる音が生まれてくることです。そして、純粋にズレた彼らの音とコラボレーションすることによって、新しい発見の場としてottoの活動は思いもかけない視点を私たちに気づかせてくれると思います。

■アートディレクタープロフィール

[画像4: https://prtimes.jp/i/1304/976/resize/d1304-976-127852-3.jpg ]


森本千絵(もりもと・ちえ)
株式会社goen°主宰。コミュニケーションディレクター・アートディレクター。武蔵野美術大学客員教授。 1999年武蔵野美術大学卒業後、博報堂入社。’06年史上最年少でADC会員となる’07年「出逢いを発明する。夢をカタチにし、人をつなげていく。」をモットーに、株式会社goen°を設立。 Canon、KIRIN、FRANCK MULLER などの企業広告、2012年、2019年のniko and ... の広告を担当。松任谷由実、Mr.Children 、ゆずなどのアートワーク、映画や舞台の美術、大河ドラマ、朝ドラのポスターやタイトルワーク、動物園や保育園の空間ディレクションなど活動は多岐に渡る。NY ADC、OneShow、ADCグランプリ受賞。伊丹十三賞、日本建築学会賞、日経ウーマンオブザイヤーなど国内外多数受賞。

■TVCM概要
放送開始日  : 3月6日(金)
放送地域   : 全国(一部放送されない地域もございます。)
CM秒数    : 15秒、30秒

■niko and ... と映画『糸』がコラボ

[画像5: https://prtimes.jp/i/1304/976/resize/d1304-976-221623-2.jpg ]

 中島みゆきさん珠玉の名曲を映画化した『糸』。その主演をniko and ... のブランドアンバサダーである菅田さんと小松さんが務めることから、さまざまなコラボ企画を実施することが決定しました。
 第一弾として、映画『糸』完成披露試写会へのご招待券をプレゼントするキャンペーンを実施予定です。応募条件などの詳しい情報はWEBサイトにてお知らせします。
<Webサイト>URL : https://www.nikoand.jp/ito-movie/

■niko and ... について
 niko and ... は、アパレルや雑貨、家具、飲食を展開する “style editorial brand” です。実用性だけでなく、どこかユーモアを感じさせるアイテムをラインアップしており、意外な驚きと発見に “であう” 、やがて自分のライフスタイルに “にあう” 。そんなメッセージのもと、20~30代の男女に向けて事業展開しています。全国140店舗展開。
<公式webストア [.st]> http://www.dot-st.com/nikoand
<公式ブランドサイト> https://www.nikoand.jp

■アダストリアについて
 株式会社アダストリア(代表取締役 会長兼社長:福田三千男)は、「グローバルワーク」「ニコアンド」「ローリーズファーム」など、グループで20を超えるブランドを国内外で約1,400店舗展開するカジュアルファッション専門店チェーンです。“ファッションと人生を楽しみながら、たくさんのワクワクを世界に届けていきたい”という想いを込め、「Play fashion!」をコーポレートスローガンとして掲げています。

[画像6: https://prtimes.jp/i/1304/976/resize/d1304-976-256470-5.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング