パナソニックがGITEX 2014にてスマートで持続可能なソリューションを提案

PR TIMES / 2014年10月30日 18時37分



アラブ首長国連邦(UAE)を拠点とするパナソニック マーケティング ミドルイースト・アフリカ(以下、PMMAF)は、「未来のスマートリビング」というコンセプトの元に、第34回 GITEX (Gulf Information Technology Exhibition)TECHNOLOGY WEEK 2014(以下、GITEX 2014)へ出展しました。

【動画】パナソニックGITEX Technology week 2014
http://www.youtube.com/watch?v=XhTOtj-dtoI&feature=youtu.be


【写真】
・Panasonic @GITEX 2014 (Facebook)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10152823917905152.1073741848.151434870151&type=3
・Panasonic Press Conference at GITEX 2014 (Facebook)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10152823962320152.1073741849.151434870151&type=3

中東最大かつ最先端の情報通信技術(ICT)展示会であるGITEX 2014は、2014年10月12日~16日にドバイにあるドバイ国際展示センターで開催されました。世界屈指のICT企業が一堂にドバイに集まり、150カ国、約100,000人の来場者が先進の「スマートリビング」技術を体感。中近東のICT市場は、2020年までに2014年の150億ドルから200億ドルに伸長する見込みとも言われています。

GITEXには連続16回目の出展となるパナソニックは、格別な存在感でBtoB、BtoG分野の幅広い製品ラインナップを展示紹介。多種多様な業種に向けたトータルビジネスソリューションの提供を訴求しました。

また今年のGITEX 2014 パナソニックブースには、現地のロイヤルファミリーも来訪。首相であり、副大統領、ドバイ首長も兼務しているムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム殿下、ドバイ首長国太子であり執行評議会議長であるハムダン・ビン・ムハンマド・アール・マクトゥーム殿下、文化・青年・社会開発大臣であるナヒヤーン・ビン・ムバラク・アル・ナヒヤーン殿下がご見学されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング