【LINE MUSIC】2019年の年間ランキングを発表!Official髭男dism「Pretender」が総合ランキング1位を獲得

PR TIMES / 2019年12月5日 17時55分

BGM・LINE着うた(R)︎・ワカモノランキングでも1位を獲得し、4冠を達成。最も再生されたアーティストは「あいみょん」

LINE MUSIC株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)は、当社が運営する音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」(iPhone・Android対応)において、2019年で最も人気だった楽曲・アーティストをランキング形式で発表する「LINE MUSIC 年間ランキング2019」を本日公開いたします。※集計期間: 2019年1月1日~11月13日



[画像1: https://prtimes.jp/i/1594/1932/resize/d1594-1932-673130-0.jpg ]

「LINE MUSIC」は、邦楽・洋楽問わず幅広いジャンルの楽曲を利用シーンや気分に応じていつでもどこでも音楽を聴くことができる音楽ストリーミングサービスです。音楽を聴くだけでなく、「LINE」のプロフィールにお気に入りの音楽を設定できる「プロフィールBGM」や、トークルームに音楽を設定できる「トークBGM」、LINE無料通話の着信音に音楽を設定できる「LINE着うた(R)」など、音楽を通じたコミュニケーションの機会を積極的に提供しております。

月間利用者数*1は1,100万人、プロフィールBGMは、9,600万回以上設定され(集計期間: 2019年1月1日~11月13日)、2019年も多くの方にLINE MUSICを通して音楽を楽しんでいただきました。


そして本日、「1.総合ランキング*2」、「2.ワカモノランキング*3」、「3.BGMランキング*4」、「4.LINE着うた(R)ランキング*5」「5.アーティストランキング*6」、「6.インディーズアーティストランキング*7」、「7.ミュージックビデオランキング*8」、といった7つのカテゴリで、2019年で最も人気だった楽曲・アーティストをランキング形式で発表する「LINE MUSIC年間ランキング2019」を公開いたしました。

ランキングサマリー


Official髭男dism「Pretender」が圧倒的な人気。4冠を達成。
総合ランキング2位はあいみょん「マリーゴールド」、3位はKing Gnu「白日」。
2019年最も再生されたアーティストは「あいみょん」
最も再生されたミュージックビデオは、嵐「Turning Up」



■総合ランキング1位はOfficial髭男dism「Pretender」

[画像2: https://prtimes.jp/i/1594/1932/resize/d1594-1932-673687-1.jpg ]


2019年、「LINE MUSIC」で最も再生された楽曲を発表する「総合ランキング」1位に輝いたのは、4ピースバンドOfficial髭男dism「Pretender」でした。

「Pretender」は、5月公開の映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』の主題歌で、映画公開後からLINE MUSICでのランキングが急上昇。2019年5月の月間ランキングで1位を獲得してから、7月・8月・10月の月間ランキングで合計4回の1位を獲得しました。10月9日には、メジャー1stアルバム『Traveler』をリリースし、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで音楽シーンを駆け抜けた「ヒゲダン」。

さらに、「Pretender」は、ワカモノランキング、BGMランキング・LINE着うた(R)ランキングでも1位に輝き、多くのユーザーに愛された今年を代表するヒットソングとなりました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/1594/1932/resize/d1594-1932-818878-2.jpg ]


■ワカモノランキング:
若年層には映画・ドラマ主題歌が人気

LINE MUSICユーザーのなかで、ユーザー数が多い15~24歳の若年層が聴いた人気楽曲TOP3は、1位はOfficial髭男dism「Pretender」、2位はKing Gnu「白日」、3位はあいみょんの「マリーゴールド」でした。

上位2曲は映画・ドラマの主題歌になっており、ユーザーの日常生活に密接な楽曲を繰り返し聴く傾向があると考えられます。(映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』の主題歌にOfficial髭男dism「Pretender」、日テレ系ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』主題歌にKing Gnu「白日」が起用)
[画像4: https://prtimes.jp/i/1594/1932/resize/d1594-1932-556005-8.jpg ]


■BGM・LINE着うた(R)ランキング:
「LINE」のプロフィールや無料通話に設定できる音楽も”よく聴く”楽曲を設定

「BGMランキング」の1位はOfficial髭男dism「Pretender」、2位はあいみょん「マリーゴールド」、3位は菅田 将暉「まちがいさがし」でした。いずれも総合ランキングのトップ5に入る人気曲。

「LINE着うた(R)ランキング」も、1位はOfficial髭男dism「Pretender」、2位はあいみょん「マリーゴールド」という結果となり、日常的によく聴く楽曲を「LINE」のプロフィールやトークルーム、LINE着うた(R)に設定していることが分かります。

3位にはちゃんみな「Never Grow Up」がランクイン。「Never Grow Up」は総合ランキング15位にランクインしています


[画像5: https://prtimes.jp/i/1594/1932/resize/d1594-1932-751251-9.jpg ]




[画像6: https://prtimes.jp/i/1594/1932/resize/d1594-1932-896862-7.jpg ]

■アーティストランキング:
今年最も再生されたアーティストは「あいみょん」

LINE MUSICで最も聴かれたアーティスト1位は「あいみょん」でした。総合ランキングトップ10のうち3曲(「マリーゴールド」(2位)、「ハルノヒ」(7位)、「今夜このまま」(10位))がランクインしていることからも人気が窺えます。

2位は「official髭男dism」、3位には「back number」が輝きました。

昨年はK-POPアーティストが上位を占めましたが、今年は邦楽アーティストがトップ3に輝きました。
[画像7: https://prtimes.jp/i/1594/1932/resize/d1594-1932-807904-4.jpg ]


■インディーズアーティストランキング:
インディーズアーティストの人気が急上昇中。1位は、ラッパー「t-Ace」

LINE MUSICでは近年インディーズアーティストの楽曲再生回数が伸びてきていることからインディーズプレイリストを隔週で配信したりと、積極的に新しいアーティスト・音楽との出会いを提供しております。

今回、初発表となるインディーズアーティストランキング1位に輝いたのは、LINE MUSICで熱狂的なファンが多い“エロ神”ことラッパー「t-Ace」。3月にリリースした「PORSCHEでKISS」は中でも最も聴かれた楽曲になりました。

2位は10代、20代から絶大な人気を誇る5人組のDJ集団「レペゼン地球」、3位は近年の日本語ラップ・シーンを牽引してきた、8MCによるヒップホップ・クルー「BAD HOP」となりました。
[画像8: https://prtimes.jp/i/1594/1932/resize/d1594-1932-242835-5.jpg ]

 インディーズプレイリストはこちら
 今注目!邦楽インディーズアーティスト【隔週更新】
  https://lin.ee/AU6WUYw

■ミュージックビデオランキング:
最も再生されたミュージックビデオは、嵐「Turning Up」

今年の8月より、LINE MUSICではミュージックビデオおよび独占映像コンテンツの配信を開始しました。最も再生されたミュージックビデオは、嵐「Turning Up」。

続いて、BLACKPINK「Kill This Love」、星野 源「恋」という結果になりました。
[画像9: https://prtimes.jp/i/1594/1932/resize/d1594-1932-229469-6.jpg ]



LINE MUSICでは、「LINE MUSIC 年間ランキング2019」で発表した総合ランキングのトップ100やミュージックビデオのトップ50、音楽ジャンル別の人気曲をプレイリストにして配信中です。


「LINE MUSIC 年間ランキング2019」
-総合TOP100-2019年間 : https://lin.ee/xfhac9M
-BGMランキングTOP100-2019年間: https://lin.ee/fHZV6kK
-LINE着うた(R)︎ランキングTOP50-2019年間: https://lin.ee/40cfDD6
-MV TOP50-2019年間: https://lin.ee/dtYROkB
-邦楽TOP100-2019年間: https://lin.ee/61beFx5
-洋楽TOP100-2019年間: https://lin.ee/8TMjgv1
- K-POP TOP100-2019年間: https://lin.ee/n8e1MxQ
(EDM/DANCE、洋楽POP、洋楽HIPHOP、邦ロックも配信中)


さらに、今年あなたが聴いた楽曲をまとめたプレイリスト「あの頃の思い出」をLINE MUSICアプリで公開中。*9

プレイリストに入った音楽を聴きながら今年起きた出来事を振り返ることができる、そんなプレイリストになっています。ぜひ2019年を振り返るプレイリストとしてお使いください。


*1:2019年11月末時点
*2:「総合ランキング」は、再生回数を含むLINE MUSICの独自のロジックにて算出(ダウンロード限定楽曲は除く)
*3:15-24歳の若年層ユーザーが再生した楽曲回数を表すLINE MUSICオリジナルのランキング
*4:最も「LINE」のプロフィールBGM、トークBGMに楽曲を設定された回数を表すLINE MUSICオリジナルのランキング
*5:「LINE」の無料通話がかかってきた際に鳴る着信音および電話をかけた相手に聞こえる呼出音に設定された回数を表すランキング
*6:最も再生されたアーティストを表すLINE MUSICオリジナルのランキング
*7:最も再生されたインディーズアーティストを表すLINE MUSICオリジナルのランキング
*8:最も再生されたミュージックビデオを表すLINE MUSICオリジナルのランキング
*9:2019年12月3日~10日までの間


【参考データ】
LINE MUSICは15~24歳のユーザーが全体ユーザーの約半数を占め、若年層を中心に支持されている音楽ストリーミングサービスです。(2019年12月時点)
[画像10: https://prtimes.jp/i/1594/1932/resize/d1594-1932-892228-3.jpg ]



【LINE MUSIC 概要】
「LINE MUSIC」は、邦楽・洋楽問わず5,800万曲以上の幅広いジャンルの楽曲を利用シーンや気分に応じていつでもどこでも音楽を聴くことができる日本発の音楽ストリーミングサービスです。2016年1月に、LINEのプロフィールに楽曲を設定できる「プロフィールBGM」をスタートしたことをきっかけに多くの方に認知いただき、現在ではプロフィールBGM設定ユーザーは800万人を超えています。音楽を通じたコミュニケーションがよりユーザー間の仲を深め、特別な音楽との出会いにも繋がると考え、「LINE」上でLINE MUSICが配信する楽曲をシェアできたり、無料通話をかけた相手に聴こえる“呼出音”を設定できる「LINE着うた(R) 」、好きな楽曲のお気に入りの30秒をプロフィールBGMに設定できる「My BGM」など、機能改善を重ねてきました。

サービス地域:日本
サービス開始日:2015年6月11日
価格:ダウンロード無料(アプリ内課金)
開発・運営:LINE MUSIC株式会社
公式サイト: https://music.line.me/top/
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/linemusic/id966142320?mt=1
Google Play: http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.linecorp.linemusic.android
公式twitter: https://twitter.com/LINEMUSIC_JP
公式note: https://note.linemusic.jp/
※「着うた(R)」は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング