「1点差勝負になる」。日本の守護神GK川口能活選手が首位決戦を展望!同勝ち点で並ぶ両雄が激突する天王山「A・マドリード vs バルセロナ」は1月11日(土)深夜3:58~WOWOWライブにて生中継

PR TIMES / 2014年1月11日 10時26分



WOWOWで放送中の「リーガ・エスパニョーラ 13-14シーズン」。第18節でゲスト解説として登場した、W杯4回連続出場を誇る日本の守護神GK川口能活選手に、今週末行われる首位バルセロナと同勝ち点で並ぶ2位アトレティコ・マドリードの首位決戦展望、そして今年W杯を戦う日本代表の印象について聞いた。


■バルセロナに感じる勝者のメンタリティとアトレティコ・マドリードへの期待

――今週末はバルセロナとアトレティコ・マドリードの首位対決です。ここまでの両チームの印象を教えてください

川口:バルセロナは、シャビがベンチ外とかイニエスタがサブとか、ネイマールを途中で下げるとか、うまくターンオーバーを活用している感じがします。アトレティコ・マドリードは、堅い守備でしっかりと勝ち点を重ねている。両者の戦いは撃ち合いではなく、1点を争う勝負になる気がします。

――同試合では、バルセロナにビクトル・バルデス、アトレティコ・マドリードにはクルトワというリーガを代表するGKがいます。この2人の評価は?

川口:V・バルデスはバルセロナの絶対的守護神で、彼がいてこそのバルセロナですね。今シーズンは特に、本当に素晴らしいパフォーマンスを見せている。あと一年で退団するということでどこか吹っ切れて、良い方向に出ているのかしれません。
フィードはもちろんのこと、一対一の強さやシュートストップ、キャッチングもすごく安定している。バルセロナに求められているキーパーの資質プラス、本来キーパーが求められている資質を両方とも見せていると思います。
アトレティコ・マドリードのクルトワに関しては、21歳と若いですが、あの年齢でこれだけの落ち着きとプレーの質を持っているキーパーはなかなかいない。両方ともチームの象徴になっていますよね。その辺りが興味深いところです。

――1点差勝負になるとおっしゃったのは、キーパーの占める割合が大きいからでしょうか?勝敗予想もお願いします。

川口:はい。1-1じゃないですかね。1点も入らない試合にはならないと思います。かといって撃ち合いにはならないでしょうから、1-1かな。

――今回はアトレティコ・マドリードのホームでの試合です。バルセロナはちょっと引き気味で試合を進めるのでしょうか?

川口:バルセロナは、いつもどおり出てくると思います。でも、もしかしたら取りに行かないかもしれない。アウェイなので、勝ち点1でOKと考えるかもしれない。バルセロナは最近、そういう試合もできるようになっています。以前のスタイルなら、アトレティコ・マドリードの術中にハマるかもしれない。マルティーノはそういう戦い方も、チームに浸透させようとしている。ドローで終わる可能性を考えて、無理しないかもしれない。
バルセロナの選手たちがそういうマルティーノのやり方に対して反発するのかな?と思ったら、意外とそうでもないですよね。それだけ、彼らは勝者のメンタリティを持っているということだと思います。グアルディオラの戦い方にこだわるのではなく、柔軟性を持って今の監督のサッカーをやろうとしているところに、彼らの勝利へのメンタリティがあると感じます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング