「感覚が良かった」。錦織圭が2年ぶりに初戦を突破!全米オープンテニス、大会第3日は8月27日(水)深夜0時~WOWOWライブにて生中継!

PR TIMES / 2014年8月27日 19時10分



アメリカ・ニューヨークで開催中のシーズン最後のグランドスラム「全米オープンテニス」。WOWOWでは現地の感動と興奮を9月9日(火)まで連日生中継でお届けする。
大会第2日には、男子シングルス1回戦で、“日本のエース”錦織圭が登場。ケガの影響を感じさせない動きでアメリカのウェイン・オデスニックを6-2、6-4、6-2のストレートで下した錦織が1回戦を振り返った。なお錦織は2回戦でスペインのパブロ・アンドゥハルと対戦する。

Q:故障明けですが、いつ頃の段階で感触が戻ってきましたか?

錦織:昨日、一昨日ぐらいの練習で凄くいい感触は掴めてきたので、もう出られるとは思っていました。試合になってやっぱり大事な所で、緊張して打てなくなったりっていうのはあるかなとは少し思っていましたけど、あんまりそういうのも無く、逆になんか調子が本当に良いぐらいのプレーが出来たので凄い満足はしています。

Q:スタミナ的にはどうでしたか?

錦織:体力にはやっぱり不安はありましたね。特に長いラリーの後に、なかなか呼吸が回復出来なかったり、少し辛い所はあったので。でも、この1回戦をこうやって勝てて少しは慣れたとは思うので。あと、出だしも良かったですね。しっかり集中してもう1ポイント目から良い感覚が得られていたので。序盤から打っていけましたし、中に入ってステップインして、いつも通りいく事が出来たので。そのまま良いプレーが出来ました。

Q:マイケル・チャンコーチから、試合前にアドバイスは?

錦織:相手に関してはあんまり無かったですね。多分そんなに情報も無かったので。リターンに集中する事と、いつも通りのプレーをするっていうのが、今日の戦術でした。

Q:先日ロペスと良い練習ができたようですね。

錦織:あの日特にロペスとやった時の練習が一番良くて。あれのお陰と言うか、あの時の練習の、あの感覚で自信をつけられたので。あの練習がキーになって自信をつけて、今日試合に臨みました。

Q:ケガについての不安というのは一掃されたのでしょうか? 調子が悪くなると、また不安も出てくると思いますか?

錦織:可能性がないとは言い切れませんけど。今日は感覚が良かったので、大丈夫だと思います。痛くなったら痛くなった仕方がないので。あんまり考えずに行きたいと思います。

Q:今日は最初から大丈夫だった? 確認しながら、だんだん不安がなくなった感じですか?

錦織:まだ、徐々にでしたね。最初の方は、まだ痛みがちょろちょろと出ていたので、少しかばいながらやっていましたけど、試合中にどれだけ動けるのかっていうのを確認しながら、後半はスライドも少しずつですけど出来てたり。怖さも無くなってきているので、次からは大丈夫だと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング